しんどい。 だるい。疲労感が抜けない。眠い。微熱が数ヶ,,,

マリオネットさん
回答数
2
マリオネット
さん

しんどい。

だるい。疲労感が抜けない。眠い。微熱が数ヶ月ずっと続いている。頭痛も頻繁に起こる。多分病んでるんだと思う。ストレスチェックで高ストレス判定も出た。

でも、カウンセリングは受けない。
大きな環境の変化が起こった後で、順応しきれていない可能性があるから。時間が解決してくれるならその方がいいから。アドバイスを実行できなかったら、それもまたストレスになるから。

でも、病院には行かない。
前に微熱と頭痛で受診したとき、血液検査も尿検査も異常なしだった。健康診断も備考なし。『なんともない』なら、しんどいのは妄想じゃないかと思うから。
微熱ったって36.8℃〜37.3℃くらい。平熱低めだからそこそこの微熱だけど、仕事を休むほどじゃない。また検査して『異常なし』なんて、耐えられない。

精神科や心療内科を受診することに抵抗がある。自分の『しんどい』が妄想なのでは、誇張なのではという思いが常につきまとう。客観的に見て『しんどそう』の後押しが欲しい。

……次のストレスチェックでも高ストレスだったら、その時は受診する。でもああいうの、『こう答えればストレス度上げられるんだろうな』っていうの、段々わかってきちゃうんだよね。『意図的に高ストレス判定出したんじゃないか』って、自問自答しそうで怖いな。

つぶやき

回答一覧

カラメルシロップ
カラメルシロップ
さん
カラメルシロップ
カラメルシロップさん

ある条件を満たすなら、あなたはこの病気で治療が必要である、ということがあっても、そうなっても必ずしも治療という行いをやらないとならない訳ではないので「自分にとって苦痛が耐え難く、日常生活に支障をきたす」という程度になってきたら治療というものに乗っかる、というくらいでも良いかなと僕は思います。

とうふ鍋
とうふ鍋
さん
とうふ鍋
とうふ鍋さん

こんにちは。
しんどいけれど、病院に行くのは不安があるのですね。

精神科や心療内科はハードルがあって、我慢してどうしようもなくなって行く人が多いように思います。
ですが、体の病気で考えたら早めに行った方が楽ですよね。
腰が痛いのに我慢して、歩けなくなるまで病院に行く資格がないなんてことはありません。

「ちょっと試してみよう」位のお気持ちでいいと思います。
質問主さんのつらさをむやみに否定したり、よく話を聞かずに薬だけ出すお医者さんは変えた方がよいですが、そうでなければ試しに何回か行ってみませんか。

私の経験では、カウンセラーさんは基本はアドバイスはしません。まず話をゆっくり聞き、患者さんに伴走しながら回復を目指すような印象です。
ご不安ならば、あらかじめ「アドバイスされるのが苦手です」とメモでも良いので伝えておくと、対応してもらえると思います。

お医者さんもカウンセラーさんも相性がありますので、違和感があれば無理せず他を探してみるのが良いです。

長文すみません。ご参考になりましたら幸いです。

HOTワード

現在ホットワードはありません