私の幼少期に少し引っかかる事、自分でも異常だったと思う事,,,

ユーザー7208さん
回答数
2
ユーザー7208
さん

私の幼少期に少し引っかかる事、自分でも異常だったと思う事があるので書いてみようと思う。小学4年生の頃の話です。私は感情を押し殺し、顔を変えずに常に無表情で居るように心がけていた。誰ともつるまずに、登校して下校するまで一度も口を開かないのが普通だった。なぜそうしていたか簡単に言うと、大人に心配されたかったからだ。元々大人しい性格の私に見向きする者は誰もいなかった。平凡な人間だったのでそのぐらいしか大人の気を引く方法が無かったのだ。承認欲求をどうにかして満たしたかった。だけど別にネグレクトや親の愛情不足があった訳でも無い。やがて私の承認欲求はエスカレートして、自らいじめっ子の標的になっていじめを受けるようになっていた。友達がいないので当然誰も助けてはくれずみんな見て見ぬふりをした。いじめは6年生になるまで続いた。学年が上がりいじめっ子ともクラスが分かれて低学年の頃に仲が良かった子とよりを戻した。私に友達が居るのが分かるといじめっ子も虐めるのを諦めた。最後の一年間は割と楽しい学校生活を送ることができた。今になってはもう記憶も薄れているし、興味も冷めているけれど少し心に引っかかっているので書いてみた。

つぶやき 承認欲求 いじめ

回答一覧

ユーザー7208
ユーザー7208
さん
ユーザー7208
ユーザー7208さん

私の辛かった事を少しずつ吐き出せたらいいなとツイッターを始めました なんとなく置いておきます
https://mobile.twitter.com/
186373825s

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

吐き出してくれてありがとうございます。
Twitterも軽く拝見しました。
死にたい気持ちを相談する上で、よりそいチャットなら無難かと思っていましたが、やはり利用者の層がちょっと…メンヘラに大人で配慮できる優しいユーザーが多いから、そう感じるのかもしれません。
よりそいホットラインできちんと相談員に相談していれば違ったかもしれません。
それでも、相手も人ですから、合う合わないは大きいらしいですけど…。

小学校の頃の話は、自分が求めている愛情より周囲からの愛情が足りなく感じ、たくさん求めたくなってしまったのではないかと思いました。

今の希死念慮や、メンヘラ.jpで共に自殺してくれる自殺者を募ってしまったり、大勢の人たちの心をぶっ壊したいと投稿してしまう気持ちに、ここに書かれている子供時代と同じように心配してほしい気持ちはありますか?
なんとなく、一人で自殺するのが怖いのは、寂しい気持ちが残っているからではないかと推測しました。
その寂しい気持ちをどうにかしてあげられれば、周囲に迷惑をかけずとも満たされ、希死念慮も軽くなるかもしれません。
例えば、Twitterの画像では「かまってちゃん」と言われていましたが、それはそれでいき過ぎればきちんと病名が付いたり、投薬治療やカウンセリングが必要になってきます。
どうして死にたいのか、もちろん理由がなくても大丈夫ですし、ふわっとしたきっかけでもいいですし、どんな理由でも私は否定しません。

睡眠不足気味のため、支離滅裂になっていたらすみません。
つぶやきにコメント失礼しました。