私は今、人一人の人生を変えようとしています。それどころか,,,

ツバメさん
回答数
3
ツバメ
さん

私は今、人一人の人生を変えようとしています。それどころか、周囲にまで傷跡を残そうとしています。これが失敗すればきっと、さらなる苦しみが、相手に訪れることを知っています。ただ、変えられる人間が私しかいません。信頼できる人の言葉、というのはとても重いのですね。
仮にAさんとしましょう。Aさんはとても恐ろしい価値観に囚われています。その価値観は、今Aさんがいる環境に適応したものです。私はその価値観を壊し、その環境からAさんだけを救おうとしています。それが私の限界だからです。それはAさんの幸せとは限りません。もしAさんが逃げられても、他の人は逃げられないかもしれない、逃げられても苦しみ続けるかもしれない、そしてその事実が確実にAさんの人生に影を落とすことになります。その価値観で生きていた方が、私たちが見ていてどんなに残酷で間違っていると思っても、Aさんはその中から幸せを感じ取っている。そしてさっさと死ねばもう苦しみを感じなくてすみます。それでも私はそれが正しいとは思えない。何故ならそう思うことしかできないと知っているから、その価値観を壊して、今までその環境が間違っていることを知って、初めて彼女が選択出来るものと思っているからです。人の人生に責任は負えないと、言います。でもそれを諦めた結果の人生を背負うより、関わって変えてしまった人生の責任を負う方が、私にはマシだと思いました。Aさんの幸せと、私のエゴに折り合いがまだ着いていません。それでも私はどんな結果を迎えても、背負う覚悟をもうしています。でも、間違っていれば私は正さなければいけません。もしこれを読んで反論があれば、遠慮なく書き込んでください。きっとここ人達の方が地獄を知っていますから。

つぶやき

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

価値観を壊す…ですか…

私もある意味、人の価値観を左右することに関わって生きているのですが…

ただ。壊す…っていうことをしたことにたいしては、責任を取ることは、誰にも、壊した本人にも取れない…っていうか、とりようがないんですよね。
その人の人生をもう一度壊される前に戻すことに匹敵するだけのモノをお返しすることなんて、神様でもない限り不可能なんですよ。

なので、私がその「人の人生を左右しかねないもの」をもたらそうとするときは、「今ある自分の価値観と私の提示する価値観を比較選択してもらう機会を提示する」というスタンスをとるようにしています。
その人の人生はその人自身のモノであることを尊重することが、その人自身を尊重することであって。
あくまでも「その人が主体となって選択する」ことが、選択後の人生も「その人自身の責任」でもって歩んでいくこと…その人の一人立ち・自立・自尊感情に必要なんじゃないかなぁ?って思うからです。

まあ、「壊す」って仰っているけれども、同じことを強い意思で行うぞ!って意味で表現なさっていたんでしたら、ちょっとお節介ですね…
そうだったらごめんなさいね。

質問者のコメント

いえ、全くお節介ではありません。冷静で優しいお言葉ありがとうございます。
Aさんに比較選択させる、その前にまず奪われた主体性を取り戻す必要があるので、その後はAさんの意思を尊重するつもりです。ただ私が無理矢理選ばせようとしてしまう恐れがあったので、それは戒めていきたいと思います。
壊す、というのはそういうことですね。
ありがとうございます。

鬱猫
鬱猫
さん
鬱猫
鬱猫さん

先日のカルトの件ですか?
出すのは案外うまく行っても、あとでその方が襲われる喪失感にどこまで関われるかです。
素人の手に負えないようでしたら、無理なさらずに医師や宗教関係の方の助けを得てください。

質問者のコメント

ありがとうございます、私の仕事が終わればもう既に第三者に委ねられる予定なので、そこは大丈夫かと思います。その先も私はできる範囲でケアをしていくつもりです。流石に一般人なので……

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

お返事ありがとうございます。
好意的にとって頂き嬉しく思います。

くれぐれもこれだけはもう一度、念押しいたしますが。

主体性を取り戻しても、以前の価値観を手放す選択をしなかった場合は、手を退いてあげてくださいね。
カルトであろうと、ソレがその人の「選びたい道」なんですから。
たとえ、ご本人にとって良くないことであろうと、相談者さんにとっては納得のいかない理由であろうとも、相談者さんにとって「してもいいこと」はそこまでです。

あえて書くのは、退き時こそが「一番難しい」からなんです…
本当に難しいです…