カテゴリー【日本における職】 どんどんオリンピックとと,,,

ユーザー6985さん
回答数
2
ユーザー6985
さん

カテゴリー【日本における職】

どんどんオリンピックとともに、海外からの外国人を入国して受け入れ、移住して、日本の職を奪われて、、、日本の引きこもり約100万人居るのに、引きこもりの支援を一番に力を入れる制度が強かったら、今の状況も違うだろうなぁ…
外国人向けの大学も深刻な問題が起きてて、日本人の引きこもり支援も、最初だけ受け入れて【中身】は「支援してます!」と、調査が入った時だけ良いこと言いながら、実際は【手付かず】なんだよね…

具体的に、色んな【原因】から【引きこもり】になった人が働くようになり1・5・10年継続して居る人のグラフだったり数値が無いのは結果的に『良い結果』が現実(リアル)に【存在】してないんだとだけは、誰しもデメリット【マイナス】なんだと認識しているのが分かるんじゃないかなぁ…

つぶやき

回答一覧

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

外国人労働者を受け入れるのは格安かつ定期的に使い捨てで働かせられるからですよ。
それができるから外国人「実習生」がどんどん入ってきてるわけです。
つまり労働と就労支援は別問題です。

質問者のコメント

なるほど…おもてなしと日本の印象を付けて【使い捨て】もなんだか、残酷な扱いをされているのが現実なんですよね…

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

私の登録している障害者の就労継続支援ですら確か3年が限度だった気がするので、引きこもり(病気や障害があるとは限らない)に5年10年の支援や調査は、流石にちょっと求め過ぎではないでしょうか…。