自分を肯定する方法 当方高校二年生の軽いメンヘラです。 ,,,

しろうさん
回答数
2
しろう
さん

自分を肯定する方法
当方高校二年生の軽いメンヘラです。
私は自分の事が嫌いで仕方ありません。些細な失敗でも無価値だなんだと自分を罵倒しています。そんな罵倒の文句の中に「死んじゃえばいいのに」というものがあります。
私は自分自身からの罵倒に反論出来ません。だって失敗したのは事実だから。人様に迷惑をかけてしまったから。なので罵倒の言葉を甘んじて受けます。
「○○さんに気を遣わせてしまったから確かに私は死ぬべきなのだ」
「△△という失敗をしてしまうなんて確かに私は死ぬべきなのだ」
そうしているうちにだんだん何もしていなくても「私は死ぬべきなのだ」という考えが頭に浮かぶようになりました。
ですが私は死にたいわけではありません。「死ぬべきなのだ」という考えを「死にたくない!」という思いでかき消してきました。
しかし、いつまでたっても「死ぬべきなのだ」という考えはつきまといます。もううんざりです。恐らく自分を罵倒する癖を直すか自分に自信を持つかすればその考えは消えていくのだと思います。
皆さんはどうやって自分を肯定していますか、どうか教えてください。
長文失礼しました。

相談

回答一覧

けんたろう
けんたろう
さん
けんたろう
けんたろうさん

こんばんは
読ませていただきました。
僕も失敗やらかしたと思った時、自分をなじります。他人から見たら失敗でも何でもないようなことでも、だから自分はダメなんだと1分に20回くらい責めます。寝たら忘れられるときもあるし、一ヶ月くらいしないと楽にならないこともあるし、何年たっても責め続けることもあります。
回答欄に書きながら、わたしも聞いてみたいです。
「あの人に気を使わせた僕は、死ぬべきか?」
「あんな失敗をした僕は、死ぬべきか?」
それで誰か言ってほしいと思う言葉は、「いいんだよ」です。
「気を使わせてもいいんだよ」「あの失敗は大丈夫だよ、いいんだよ」です。誰にも言ってもらえません。というか、愚痴を言える相手が僕にはいません。それで自分で自分に心のなかで「いいんだよ?」と言ってみたらぞわっときて、怖かったです。
何人か集まって「いいんだよ」って言い合える「いいんだよクラブ」が近所にできたらどんなにいいかと思います。



質問者のコメント

回答ありがとうございます。確かに、誰かから「いいんだよ」と肯定してほしい気持ちはあります(私もそうやって肯定してくれそうな人はあまり居ません)。気軽に「いいんだよ」と言ってもらえる・言えるような環境があればいいのですが…難しいですね。

マリオネット
マリオネット
さん
マリオネット
マリオネットさん

私も自己肯定が苦手です。どちらかと言えば死にたい方ですが、人に迷惑をかけることが大嫌いです。だからこそ、他人に迷惑をかけないよう振る舞い、他人からの肯定や約束を糧に毎日生きています。

学校や会社に自分の机があることは、社会に居場所を肯定されているということです。もしそこから失踪したら、必ず誰かしらが心配します。この際、本心か義務感かは問いません。だから、私はそこに居ていいのです。あなたもそこに居ていいのです。

出すべき課題、こなすべき仕事があるのも、居場所を肯定されていると思います。これをやらなければ誰かに迷惑がかかる、ならば死ぬわけにはいかないと、こういう論理です。(課題を出さないと、採点・評価する先生が困りますよね。課題を提出させるのも先生の仕事のうちです)

人相手には、『好かれていなければ何もされないはず』を使います。挨拶してくれる人、返してくれる人、話題をくれる人、贈り物をしてくれる人。みんな、あなたに何かしらの関心を持っています。その人たちは、あなたの存在を肯定しています。
遊ぶ約束をしてくれる人は特に重要です。生きたければ、常に1ヶ月くらい先に約束か予定を入れましょう。遊びでも試験でも何でもいいです。『約束をすっぽかせない』という責任感が、あなたを生かします。


自分を罵倒したっていいんです。罵倒が他人に向かうよりマシです。自己肯定ができなくてもいいんです。ある程度までは他人が肯定してくれます。(一部の否定を受け入れる覚悟も必要です)死にたくったっていいんです。どうせいつかは死にます。ただ、死ぬなら貯金はしておいた方がいいです。人ひとり死ぬって、簡単なようでいて結構お金がかかるものです。

(返信不要)

HOTワード

現在ホットワードはありません