こんばんは。初めて投稿します。 私は7年間ほど自傷行為が,,,

punipuni33さん
回答数
3
punipuni33
さん

こんばんは。初めて投稿します。

私は7年間ほど自傷行為がやめられずにいます。ふとしたきっかけで自傷行為について知り、実際に腕を傷つけてから不思議な魅力に取りつかれています。
一番ひどかったときは一日に何本も傷をつけていましたが、今ではそこまで回数は多くありません。色々忙しくなった時に、自傷後の処理をするのが面倒くさいと感じ頻度が減り、そこからほとんど手を出さずに済んでいました。
ですが、最近また切りたいという衝動がわくようになり、誰にも相談出来ず困っています。始めた当初は仲の良い友達数人に正直に話していました(かまってちゃんに近い理由からです)が、今は冷静になり他人(特に顔見知り等)には言うべきではないと考えています。

それでも切りたいという衝動に駆られることが増えてきて、その感情を一人ではもてあますようになり、ここで投稿させていただきたいと考えました。
家庭環境や生育環境に大きな問題はないのですが、気が付いたらこのようなことになっていました。恐らく、個人のもともとの性質を下手にゆがませてしまったのだと思います。

死にたいという気持ちも強いのですが、自殺をする勇気もなくうだうだしながら日々を過ごしています。そのような中で、自分の体を傷つけたい、壊したいという衝動と自力で完全に破壊する(自殺する)のが怖いという感情の間を行ったり来たりしています。

長文乱文失礼いたしました。どこにも誰にも言えない感情を書きだしたら、このようなオチのない文章になりました。お目汚しして申し訳ないです。

つぶやき リストカット 自傷行為

回答一覧

ATUSHI中島
ATUSHI中島
さん
ATUSHI中島
ATUSHI中島さん

聞いた話ですが自傷行為は心に負った傷を自らの肉体に刻むことで具象化する行為だとか。
きっとここに書き切れない苦しみを抱えてらっしゃるのだと思います。
またここに気が済むまで吐き出されていって下さい。そのためにこの場所は生まれたのだと思います。
ここには同じように苦しんでいる方も多く投稿されています。きっとその方達の投稿も参考になると思います。

質問者のコメント

こんばんは。
まさかコメントをいただけるとは思わず、ずっと確認していませんでした。
ご返事が遅くなり申し訳ありません。

ここに吐き出していいとおっしゃっていただき、有り難うございます。具体的に文字におこすだけでも気持ちが整理されるので、またこの場所にお世話になる時もあるかと思います。

他の方の投稿も参考にしてみたいと思います。
有り難うございます。

とうふ鍋
とうふ鍋
さん
とうふ鍋
とうふ鍋さん

誰にも話せないと苦しいですね。
衝動は抑えようとするとかえって禁断症状のようになりやすいかと思います。気を逸らしてゆくやり方のほうがよいかもしれません。

「自傷したくなったら漫画を読む」とか「散歩をする」とか決めておくのはどうでしょうか?
強い感情は長くは続かないので、十分くらいでも他のことに意識を向けられたら落ち着きやすいかなと…。

私が友達だったら、質問主さんの自傷も心配ですが、相談できずに苦しむのも悲しいと思います。
よかったら、つらいときはまたこちらに吐き出してくださいね。

質問者のコメント

こんばんは。
まさかコメントをいただけるとは思わず、ずっと確認していませんでした。
ご返事が遅くなり申し訳ありません。

そうですね、衝動を抑えようとするよりもその気力や体力を他のものに向けた方が、気持ち的に楽ですね…。
上手く衝動をそらせる時もあるのですが、上手くいかないこともあるので気長に対処していきたいと思います。
アドバイスいただき有り難うございます。

ユーザー944
ユーザー944
さん
ユーザー944
ユーザー944さん

自傷は1度スイッチが入ると、怖いなって思います。自分で自分を止めないと、終わりがないですもんね。苦しいですね。
提案なんですけれど、切る前に赤い油性マジックでその部分に線を引いてみるのはどうかなと思います。赤は血の色ですし、信号の止まれの色ですよね、真っ赤になった自分の体を鏡で見て、これはよくないなって、やめとこうって目で感じて欲しいです。あと、消毒も大変だけど、油性ペン落とすのも大変だと思います。そのことに夢中になって切ることから考えを離して欲しいです。でも強くこすり過ぎないでくださいね。死ぬ事より、生きやすくする工夫ができたらいいなと思います。

質問者のコメント

こんばんは。
まさかコメントをいただけるとは思わず、ずっと確認していませんでした。
ご返事が遅くなり申し訳ありません。

確かに油性ペンで書けば、落とす方に集中せざるをえないので衝動をそらせそうですね。
何かしらやめておこう、と思えるきっかけがあれば思いとどまれると思います。
アドバイスいただき有り難うございます。