「お父さんきもい!」 と言える家と、言えない家の違いにつ,,,

ダメじゃないさん
回答数
6
ダメじゃない
さん

「お父さんきもい!」
と言える家と、言えない家の違いについて。

こんばんは。
突然ですが、私は父に対して言いたいことが言えません。
よくドラマや漫画で思春期の娘が
「お父さんうざい!」
みたいなことを言ったり、冷たい態度をとるシーンを見かけるのですが、我が家では幼少期から父に気を使ってしまい、はっきり強く物を言えないできました。
そのようにはっきり反抗できる人種に、憧れがあります。

私も弟も、子供の頃から父と仲がよかったです。
と言うか、周囲からそう言う空気があったので、応えていたのもありますが…。

ちなみに私が思春期の頃は母が病気で長期入院を繰り返していたのと、私自身も病んでしまったので父を頼らざるを得なくなり距離感が掴めず、また弟も年が離れていたせいで心理的に私自身が小さな母親や妻のような役割になってしまい、父も私を精神面で頼った結果、異常に距離感が近くなってしまい、学校や病院から情緒的近親姦を疑われ、父が咎められるほどの距離感でした。
(小学生の頃から、両親双方の不倫の恋愛相談を密かに受けていたので、精神面で頼られていたのはそこからかもしれませんが…)

父の性格は、物事を強くはっきり言うと、途端に不機嫌になり、ヘソを曲げて拗ねるので、面倒くさくなるタイプです。
厳格、頑固、恐い、と言うイメージとは程遠く、世間的には「優しくてちょっと困ったちゃんの、かわいらしいパパ」的なイメージだと思います。(すぐ不機嫌になるのでイライラしがちですが)
なので、恐怖から強く抑圧されているとかが理由ではないと思います。

ただ、私からすると人並みに迷惑に感じるこおはあるので、それをやんわり指摘しても聞き入れられない、はっきり言うと傷付けてしまうとなると、内に溜まってくるストレスはあります。
断っているのに余計なことをしてくるとか、料理を作ったり花が咲いたりするとしつこく感想(恐らく求められているのは褒め言葉で、承認欲求からくるものだと思います)を求めてくるとか、張り切り過ぎて空回るとかです…。(人並みですよね)

私だけでなく、他の家族も言いたいことを強く言えず、我慢しています。

つい先ほども断ったのにも関わらず、良心からいらんことをされたので、イライラモヤモヤしてこちらに相談している次第です。
「お父さんいい加減にして!!」
と言いたかったです。

私が父に対して気を使い過ぎてしまうせいでしょうか。
それとも、家庭内の雰囲気からくるもののせいでしょうか。
具体的な理由じゃなくて全然大丈夫なので、「こう言う理由からなんじゃないかな」と言うような考え、意見、仮説等がありましたら、教えていただきたいです。

相談 父親 AC 親子関係

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

補足ですが、現在は思春期頃のような距離感の近付き過ぎは解消されていると思います。
母も同じなのですが、少し会話すると「聞いて聞いて!」と言う感じで止まらなくなってうざいので、最近はなるべく接しないように逃げています。

ユーザー6985
ユーザー6985
さん
ユーザー6985
ユーザー6985さん

こんばんわ
私なりの意見・推測で話しているだけです。

ダメじゃないさんが、お母さんが入・退院を繰返し、状況的に幼い頃から"母親がわり"をしてきたことや、お父さんの人柄も文章・内容からしますと『穏やか』な人柄だから「何処か、怒れない」要素があって、許してしまうんじゃないかと、思います。

年齢的にも、親の方が老いて子供に戻ってしまいますが…
ダメじゃないさんは、幼い時から今ままで『お世話』介護する娘になっているんじゃないかと、、、
「お父さん、いい加減にして!!」は、例えこの先「言えた。」としても…

きっと。
ダメじゃないさんは、思考・性質からして、その【言葉】を頭で考えてしまい言わなきゃよかった…【罪悪感】になったり、余計に【疲弊】してしまうかもしれません…

お父さんの"しょんぼり"したり"拗ねた"態度でも、もし『気にしない』対応が取れるようでしたら、言ってみてもOKだと、私は思います。

その様な会話のうっとーし感じは、多分…親子、兄弟、姉妹にも『あるある』な出来だと思います。

やっぱり『聞き流す』ぐらいしか『回避』出来ないのかなぁ~と、思いました。

※回答にズレていたら、すみません…気にしないでください。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
確かに父は基本穏やかですし、子供を大事にする親だと思います。母に比べると、父から感情的に怒られたことは少ないので、そのせいもあるかもと思いました。私の頭で考える性格は、たぶん父の遺伝だと思います。
また、親子逆転は中学から言われてきたことなので、そう言う性質に育ってしまったのだと思います。態度を気にしないのも難しいですね…

ぴなこ丸
ぴなこ丸
さん
ぴなこ丸
ぴなこ丸さん

私も小さい頃から父親と上手く話せません。でも、理由は無いんです。虐待を受けた訳でも無く、ごく普通の家庭です。どちらかというと、愛されて育ったと自分でも思っているくらいなのに不思議と小さい頃からなんです。物心ついた時からでした。でも、話さなくても困らないので日常では殆ど話しません。何でなんでしょうかね。私も分からなくて引っかかることもありますが、考えても分からないので放置しています。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
似たような方がいて、少し安心しました。
ぴなこ丸さんの文章から優しい印象を受けるので、それも関係するのかなと感じました。(私と父も敵に回さなければ比較的温厚なタイプだと思います)
ちなみにぴなこ丸さんも、実家にいる時は、お父様に対して多少なりともイラッと感じたり、言いたいことが出てくることはありますか?お礼に質問ですみません。

渡橋
渡橋
さん
渡橋
渡橋さん

母親と娘の関係はそこかしこで語られ、色々と共感するエピソードは多いですが、父と娘の関係は「あるある」という共感が少ないなぁとふんわり感じました。

私の父はマザコンなので、妻にも実母にも娘の私にも母親的な側面を求めるからか、頼られるエピソードが多めです。
私も同じように「うるさい!」とはあまりいいません。いうときも、「お願いだから~しないで」とやんわりです。
うっかり口にすると、拗ねていじけて面倒くさくなるので、なだめるための精神的負担を減らすためにいわなくなりました。

冗長ですみません。本題です。
母親的な存在を求められているから、ついそれを察してしまい、強く接することができないのかなぁと思いました。
「うるさい!」という側って、イライラをぶつけても許される存在なので、ご自身が幼い感情の発露に慣れていないからかもしれません。
あとは単純に、「うるさい!」から発生する、喧嘩から仲直りのコミュニケーションパターンが思春期で構築されていないからでしょうか。

自分の体験からの推測ですが、参考になれば幸い。
とにもかくにも、相手にしないほうが身のためです。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
我が家もそうですが、母娘問題の強い家庭では、なぜか父親の存在が希薄なことが多いですね。私も渡橋さんと同じく、諭す感じの言い方だと思います。
確かに、幼い子供に対しては良心からくるものだと感じると、有難迷惑でも受け取らずにはいられませんよね…。ネガティブな感情を表に出すことが苦手ですし、父と喧嘩したことは一度もないので、それも原因の一つだと思いました。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

父親じゃないのですが…夫かそういうタイプですのでコメントしてみました。

ずっと、一生懸命ご機嫌とったり、先回りしてしょんぼりしてしまわないようにお膳立てしたり、、、いや、ほんと、くたくたになります。

ただ、この病気になって。
「自分は自分」という考え方を医師から勧められて。
「ご主人がそういう風に反応したって別にいいじゃないですか。ご主人はそういう風にしたいんですから。ご主人はご主人、あなたはあなたです。自分のすべきことをやったらそれ以上は責任感じなくていいんですよ。勝手に不機嫌でもなんでもしててもらいましょう。あなたはあなたで勝手に楽しんで生活してればいいんですよ。
…だって、他人の感情の責任なんていちいちとってられるもんじゃありませんよ。」…確かに…

結局、自他の境界線が曖昧なせいで、必要以上に他者(夫)の個人的な感情の問題まで勝手に背負い込んでしまうから、疲れてしまうんですよね。

不機嫌になったり、いじいじしたり、、、そういうふうにすることに「決定選択」するのは、夫の個人的な選択の自由の範疇のものであって、私にはどうすることもできないんだよな…ただ、そういう風にされるとこちらがどう感じてどう迷惑してるか?を伝えることまではできても、やっぱり最終的にどういう風に反応するか決めるのは夫なんですよね。

で、こちらの負担を伝えると余計に面倒なことになるから、と、押さえてしまっていても。
結局はこちらが削れるばかりでなく、家事が滞ったり意思疏通できなかったりで、巡りめぐって向こうにも迷惑がかかるんですよね。

なので。
最近は、ある程度のことを志手もめんどくさくなりそうになると、「私はここまでやった!これ以上は夫の側の領域の問題だから私に言ってきてももうこれ以上は私にはなにもしてあげられることはないです。頑張ってください。」って感じなことを言って、関わるのをこちらから辞めるようにしています。
大分楽になってきました。

結局は、私が越境して、夫自身が自分で向き合わなければならないことに介入してきたから、夫が寄りかかる構図を強化して閉まっていたのかもしれません。

…ダメじゃないさんの場合は、夫じゃなくて、養育者であるべき父親だから、ちょっと違うとも思うんだけれども、書いてみました。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
機嫌を損ねると面倒ですし、よくないことだと感じるので、マイナスな意見をぶつけないようにしてきたのだと気付きました。はっきり言って疲れますね!
父は、子供を大事にする人なので、子供が父のために我慢することを望んではいないと思います。昔一度、父から友達がいないと相談を受けましたが、流石にその時は「自分で考えて」と伝えたことがあります…色々と、自分で頑張ってほしいですね

ぴなこ丸
ぴなこ丸
さん
ぴなこ丸
ぴなこ丸さん

質問をいただいていたので再び失礼します。イラっとしたり、言いたいことがある時は沢山あります。逆にイライラの方が多いです。悪気の無いことで、たまになら仕方ないと思いますが、言わなくてはいけない時はなるべくハッキリ言うようにしています。私の性格も含まれていると思うのですが、ハッキリ言わないと分かってもらえないと思うからです。それ以外は無視に近いです。

質問者のコメント

ありがとうございます。
特にイライラすることがないから何も話すこともないのかと思ったので、安心しました。
優しく言ってもあまり聞かない時があるので、見習ってみます…