出来事や物語に感情を引きずられすぎてしまいます。 こんば,,,

カス子さん
回答数
3
カス子
さん

出来事や物語に感情を引きずられすぎてしまいます。
こんばんは。突然なのですが、私は昔から本を読んだり漫画やアニメ、映画やドラマを見たりするのが大好きです。人と話をしたり、ただ愚痴を聞いているのも好きです。それはいいのですが、元々そういったものに感情やその後の気分を引っ張られがちだったのですが、ここ数年で以前よりも影響を受けやすくなってしまい、ろくに楽しむことが出来なくなってしまいました。
見終わった後、聴き終わった後、残ったフレーズが頭の中にこびりついて離れずに自分のことのように悩んで落ち込んでしまいます。というか今現在「自分は誰にも愛されていなかった」という本のセリフに感情を引きずられすぎて(そしてその人物と自分を重ねてあぁ私もそうだ)苦しくて身動きが取れなくなってしまいます。明るい物語を読めよと言われたらそれまでなのですが、そちら方面ではあまり共感できずページを開くのすら疲れてしまいます。せめて好きな本を、と思うと感情が引きずられて疲れてしまいます。そんなこんなでしばらくまともに趣味に没頭するような余裕がありません。みなさんはどの様に自分と他人、ファンタジーとの区別をつけているのでしょうか?

相談 感情 落ち込み 趣味

回答一覧

MY
MY
さん
MY
MYさん

こんばんは。私も昔から色んな媒体でフィクションの物語に触れるのが大好きで、そしてここ最近ですが自分の「共感しやすい」特性に気付いたところです。この「共感しやすい」ですが、私は「HSP」という概念を知ってから「なるほど私はこれだったんだ」とかなり納得がいきました。様々な刺激に対して敏感な人(Highly Sensitive Person)という意味ですが、お心当たりがあれば調べてみると何か過ごし方の手がかりがあるかもしれません。
誰かの負の感情に敏感であり、我がことのように感じられるという繊細な感性は強みにもなると思います。
物語に触れることのほかに、心を動かさない趣味のようなものはないでしょうか?もしなければ探して、あればそれに費やす時間を増やしてみませんか?私は編み物とかしていた時もありましたし、普段はスマホでストーリーのない、作業ゲーみたいなものをしている時が多いです。そうして時間を置いて、また物語に没頭したい、というエネルギーが湧いたときに、新しい物に触れてみてはいかがでしょうか。
もし同じような考えばかりがぐるぐるしてしまうような時には、一旦ノートか何かに書き出してみると良いかもしれません。アウトプットすることによって整理でき、ある程度ぐるぐるが収まる感じがします。ご参考までに。

質問者のコメント

ありがとうございます。HSP、知ってはいましたが、自分は気遣いが下手で空回りしがちなので違うと思っていました。でも傾向はあるのかもしれないですね、他の人の失敗で恥ずかしくて泣いたり落ち込んだりが昔からあったので…
以前は農作業が大好きでよく行っていたのですが、ここしばらく仕事の忙しさで足が遠のいていました、転職して余裕ある職場になるので、これを機に復帰してみます!

あつ
あつ
さん
あつ
あつさん

こんばんは。
私も今まさに同じ悩みを抱えているので回答させていただきます。

私自身が行った対策のなかで効果のあったもののひとつに“時間にゆとりを持つこと”が挙げられます。
映像作品や紙媒体の作品を見終えた後、自室のベッドで横になりながら「作中のあの時の彼はこんな気持ちだったかも知れない…」「私も彼女みたいに自分らしい生き方を追求し続けることで周りから拒絶される日が来るのだろうか…」等々、プラスな感情だけでなくマイナスな感情になる種を自らの脳で生み出しては涙を流す時があります(傍から見たらおかしいですよねこんなの…)。そんなこんなで創作物を見たあとの感情の揺れが激しいので、本当は効率よく、たくさんの作品に触れたい所なのですが月に見る作品の量を抑えるようにしています。ひとつの作品に費やす時間を増やすんです。そして負の感情を引きずりがちな自分を「仕方ない私だもん」と肯定するようにしています。(ありのままの自分を抑え込むのは首を絞める行為と同等だと思っています。)そのおかげか少しは苦しさも減ってきました。

相談者様は繊細な感情をも読み取ることのできる観察眼と思考をお持ちなのだと思います。そのせいでしんどいのは分かります。でもどうか、どうかそんな自分を嫌いにはならないでください。相談者様が上手く自分の持ちうる感性と付き合えるようになる日が来ることを願っております。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。ベッドで横になって泣いてしまうこと、私もよくやってしまいがちでしたので驚きました。
時間に余裕を持つのは確かに効果がありそうですね!ひとつひとつゆっくりと、いい意味で諦めながら浸るのも贅沢でいいかもしれませんね。勿体無いお褒めの言葉ありがとうございます。せっかく頂いた言葉にも、しっかりと時間をかけて噛み砕いて自分のものにしたいと思います。

四菱
四菱
さん
四菱
四菱さん

物語に影響を受けやすいですが(特に視覚的なもの)、ずさずさと引きずりながら生きてます。
好きな本に影響を受ける事が悪い事だとは思えません。
「自分は誰にも愛されていなかった」と書かれた本には、その後にも色々と話が続くはずです。
それらも影響を受けながら、そのままでもいいんじゃないんでしょうか。
私はわざわざ区別する必要性を感じないです。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。その本では、「愛されていなかった」で次巻に続く(まだ未発売)だったのですが、どうにもいい結末が見えて来ずに余計落ち込んでしまいました。他の方も言っていたように、無理に区別して切り離すよりもそう言った自分を認めるところからがスタートなのかもしれないですね。肯定してくれてありがとうございます。赦されたような気持ちになります。

HOTワード

現在ホットワードはありません