友達を失った喪失感から、ずっと立ち直れない。 こんにち,,,

katoさん
回答数
5
kato
さん

友達を失った喪失感から、ずっと立ち直れない。

こんにちは。
私は大学生の時、一度それまでのつながりの多くを失いました。
元々自殺未遂して運ばれるほどとても病んでいたのですが、当時付き合っていた彼女と別れ、その後メンタルが不安定になって電話した友達に「他人に頼るな!」としかられ、その後どうしても辛くなって別の友達に当たってしまってそこでも叱られ、メンタルが爆発しました。
そしてメンタルが爆発して、SNSに「死にたい!殺してくれ!」と書いてしまい、サークルの先輩に強く叩かれました。後日自殺未遂してしましました。バイトも無断で欠席してしまい、そしてサークルのメンバーやそれまでの友達と会えなくなりました。

もちろん私のせいなのですが、この時の喪失感と罪悪感(もしかしたらこの前からずっとある喪失感)が消えません。
こんなに多くの友達や大切な人と会えなくなって、どうやって生きていけばいいか、なぜ生きないといけないのかがわかりません。

喪失感を埋めるために、様々なことをしてきました。
新しく友達を作ったり、体を壊すほどボランティア活動に参加したり、一心不乱に研究したり、旅に出たり色々しました。
新しい友達も、恋人も、居場所もできました。
それでも心に空いた穴というか喪失感は消えず、病んだり怒ったりして新しくできた友達や居場所も壊してしまいました。
結局疲れ果て、またSNSに遺書を書いて自殺未遂を起こしてしまいました。そしてまた友達や居場所を失いました。

心に空いた穴を埋めようとしてしまうのでしょうか。
社会人になった今でも、人と仲良くなろうとして近づきすぎて嫌われたり、上手く人間関係を築けなかったり、どこかに無理やり旅に出てしまったり、判断を誤ってしまったりすることが多いです。またなぜ生きるのかがわからず、仕事や人間関係の辛い出来事に耐えられません。
そして今では会社にいけておらず引きこもっています。

喪失感から自分が生きている意味がわからないし、友達や彼女がいても辛いのが止まりません。

医者はいくつも回ったし、カウンセリングも行ったし、健康グッズや宗教チックなものも試しました。
それでもこの喪失感は消えません。
何をどうしても、生きているのが辛いです。


支離滅裂な文章を読んでいただきありがとうございました。
よければ、私がこれからどうすればいいか教えてください。
自殺を考えるほど、喪失感や生きていてはいけない気持ち、なぜ生きているのかがわからない気持ちが強いです。

つぶやき 喪失感 死にたい

回答一覧

C
C
さん
C
Cさん

……?

僕から言わせれば、苦しんでいる友達に「他人」?「頼るな」?
弱っている人を愛なく「叱る」?

その人達は友達じゃないですよ…

質問者様自身にも問題があるかもしれません。しかし、少なくとも「友人運がかなり悪い」と思っておいてもいいですよ。

ユーザー944
ユーザー944
さん
ユーザー944
ユーザー944さん

その時の、友達と呼べる人に、死ぬ宣言をしたことがあります。わたしは自分が最高にめんどくさい人間だったなと振り返って思います。
友達にも友達の事情があります。家族に大病の人がいたりとか、経済的なこととか、実はメンヘラだったりとか。友達、に自分の死にたい、を吐き出して、ぶん投げるなんてわたしはなんて身勝手だったんだろう、と思います。
きつい、言い方でごめんなさい。
ある程度、距離を取ることが大人の人間関係には必要なんじゃないのかなと思います。

最低限の人間関係でしばらく過ごすのはどうですか。社会人なら仕事に差し支えない範囲でしょうか。
会社に行くのは、いまきついんですね、仕事の中で具体的に何がきついのか質問されてみませんか?

質問者のコメント

ありがとうございます。

人それぞれ事情があるのに、自分だけの事情だけを押し付けて、私自身なんて身勝手なのかと反省しています。

最低限の人間関係で過ごすことがいいかもしれません。人に迷惑をかけてしまうくらいなら関わらない方がいいのかもしれませんね。
会社はいま休職中です。そして会社についても機会があれば相談してみようと思います。ありがとうございます。

ATUSHI中島
ATUSHI中島
さん
ATUSHI中島
ATUSHI中島さん

なぜ生きねばならないのか。
生きる理由や意味は人間の根本的な問いになる部分ですが、僕はどちらの答えも絶対的な答えは無いと思っています。
生きることは義務では無く『生きている』という状態です。
その意味や理由はそれぞれの命の持ち主にしか決められませんし、何を失っても、命の価値は失われません。
ついでに言うと他人に迷惑をかけずに生きられる人なんていません。生きていていいんです。何度も命を絶とうとしてもまだ命があるなら、何か使命があるのだと思います。
答えになってないですが、少なくともまだ答えを出すには早いです。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
こんな事になっても、まだ生きている事に何か意味があるのかもしれません。もう少しゆっくり考えてみたいと思います。

四菱
四菱
さん
四菱
四菱さん

結局の所、自殺未遂の前に全ての友人関係をリセットしているため、
何回も喪失感を感じているように思います。

なぜそうなってしまうのか、根本的な理由は文章からでは分かりませんが、その穴作っている自ら原因をちゃんと理解した方が良いように思います。
そうしなければ同じことを繰り返すだけではないかと思います

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
おっしゃる通りです。同じことを繰り返して何度も喪失感を感じてしまいます。

病気なのか癖なのかわかりませんが、自分で問題を起こしているのは事実です。どうしてそんなことをしてしまうのか、を考えてみたいと思います。ありがとうございます。

hazama
hazama
さん
hazama
hazamaさん

私も昔はよく経験しましたよ。足掻いてもがいて、それでも心に穴が空いた喪失感やあの時こうしておけば、あんなことしなければ良かった。と。でもそれが人の生きる道なのかなと思います。バリバリの仕事の鬼、企業戦士にはこういった感情は恐らくないのかなと考えます。仕事に行けずに塞ぎこんで、それもまた、人である証拠です。人であるからこそ生きていく資格があるのだと私は考えます。