家族と接すると、自分にどれだけ余裕がないかがわかるので、,,,

ダメじゃないさん
回答数
1
ダメじゃない
さん

家族と接すると、自分にどれだけ余裕がないかがわかるので、判断基準として家族とのやり取りは役立っていると思った。
(隣の部屋から話しかけられて、3回応答したのに全て聞き返されたので(そりゃテレビ付けて音出してゲームしてりゃ聞こえないわな…て言うかいつも思うんだけど、違う部屋から相手の顔を見て誰だと確認せず話しかけてくるのは、普通に不快なのでやめてほしい。とは言え、顔を合わせるのも逃げずらくなるのでまた負担なんだけど…弟と間違われて勝手に説教されることや、父と間違われて買い物を言いつけられることがある。隣の部屋から。母親は普段からデイケアに安定して通所できたり、休日は女子会できるレベルで、医者からしても寛解しているらしい。なので、もう性格の問題と怠惰なだけ。病状が重くて動けないのとは違うので、少しは自分で動けと思ってしまう。)、3回目は流石にきつい口調で少し大声になった。
我が家は同じ家の中にいてもLINEでやり取りしたり通話することがあるタイプの家なので、まだLINEで送られるほうがましだ。一度の返信で済むし。
声は物理的に耳に刺さる。特に母親のキンキン声は。

家族以外の人と接する分にはもうほとんど支障が無いように感じるのだけど、実はまだ余裕がないんだと知った。
心のバケツの水はまだ水面スレスレ近くまできているままで、家族以外の他者と接することで意識が外面に向き、それが誤魔化されてはいるからもう平気なんじゃないかと錯覚するのだけど、それはただ内面から目をそらしているため、気が付かないだけだ。

仕方ない。
今のキャパオーバーの状態で自分自身の抱える問題全てと一人で向き合って受け止めようとしたら、それこそどんな症状が出るかわからない。
次は熱では済まないかもしれない。
向き合う、解決する余裕すらない。
八方塞がりになってから、初めて気が付く。
中学の頃から何も成長していない。
ただ幸いなことに、今回は八方塞がりの中でもメンヘラ.jpとか通話してくれる人とか、なんとか問題と問題の間に隙間があるので、まだ救われている。
でも、内面から目をそらして逃げ続けていては、何も解決しない。苦しいままだ。

とりあえず内面ではなく外面に意識を向けてほとぼりがおさまるのを、とりあえず体に出ている症状だけでも少しおさまるまで待つとか、もしくはしばらく外面メインに意識を向けて、余裕ができたらほんの少し自分の内面や問題に意識を向けて、苦しくなったらまたすぐ外面に意識を向けるとか。
そう言うやり方でないと持たないと思う。
今の状態では。

昨夜はいつもよりかなり早寝ができた。
意識を外面に向けるため、熱の正体や対処法を知るため、今日は病院へ行くか悩む。
(解決したいけど、疲れてるからやっぱり休日は休みたい。悩みどころです)

つぶやき

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

上記のような軽いストレスを感じた今体温を測ってみたところ、数時間前の寝起きに37℃まで下がっていたのが37.7℃まで上がっていたので、やはりストレスからきているのかもしれない。
病院レベルなのかもしれない。
症状は熱とだるさと顔や体の火照りだけなのですが、やはり悪化する前に行ってみたほうがいいでしょうか…

質問者のコメント

風邪の時も思うのですが、熱あるのに出掛けるのって本当しんどいですよね…