ここ数ヶ月間の悩みとして、わかっているのにうまく出来ない,,,

ふきさん
回答数
1
ふき
さん

ここ数ヶ月間の悩みとして、わかっているのにうまく出来ないということがある。わかっているのに、頭では理解しているのに、全然うまく出来ない。スムーズにいかなかったり、むしろ逆の行動をとってしまったりする。それらが積み重なってなんでなんで、なんでうまく出来ないの、なんでよ、と思ったりしていた。
が、わかっていたって出来ないことが多いのは当たり前で、理解していることを理解しているように行うには単純に訓練と時間が必要であるということに納得し始めた。
好きな曲を聞いたりしていて思ったのは、作曲家も歌手もたぶん頭では美しい音楽や素晴らしい歌声が鳴っていて、けれどそれを形に出来ず苦しんたりするのではないだろうかということである。自分の中にはこんなに素晴らしいものがあるのに、どうやったらそれがそのまま形になるんだと悩んだりするんじゃないかと。
そういった壁を砕くには、試行錯誤を繰り返す他ない。
例えば、電車で席を必要な誰かに譲るという動作において、私は抵抗なく素早く行う事が可能である。なぜなら何度も何度もお礼を言われたり遠慮されたりしつつ、とにかく何度も行ったので。どうやら上手く声を掛けたり出来ないひともいるらしい。頭では譲ろう譲ろうと思うらしい。私とそういったひとの違いは、才能や、性格や、考え方のなどではなく、ただ単純に試行した回数のみである。
あらゆることにおいてそうなのだと思う。文章を書くこともそうである。私は自分の頭の中にふんわりとあるものを因数分解して言葉にするのが、たぶん標準的なひとよりも得意であると思う。たぶん。それはただ毎日毎日飽きもせず自問自答して、折々でそれを言葉にしているからで、特に文才がある訳でも言葉を知っている訳でも読書量が多いわけでもない。ただ数を多くこなしているからというのみである。
つまり何が言いたいかというと、何か身に付けたいものや、こうありたいというものがある場合は、それに向けて試行錯誤する回数や時間を確保し増やせば大抵の場合は何らかの成果が得られるであろう、なのでやろう、ということ。そして日々の生活の中で頭の中でわかっていてそれを行動に移した方がいいと思う場合はとりあえずひたすら試行してみると段々とわかっている事がわかっているように行えるのではないかなということ。
今日は落ち着いていてかつ前向きなので、沈んだ時への自戒となるよう形にしておく。

つぶやき 頭の整理

回答一覧

katie
katie
さん
katie
katieさん

電車の話、似たような話をラジオで聞いた事があったので、コメント失礼します。
ゲストのお坊さんが言っていたのですが、電車で席を譲ることって、ふきさんが仰る通り、躊躇いなくできる人とできない人がいますよね。でもそれは、立ってる方が楽な場合もあるから、譲らないのが悪いとは言い切れません。で、(あくまでもそのお坊さんが教える)仏教で目指している、誰も苦しみのない世界というのは、そういう気遣いをせずに済む、みんな平等な社会なんだそうです。
しかし現実には、よそはよそ・うちはうちと割り切って飲み込むしかできなくて、傷ついたり誤解が生まれる事もあると思います。だからこそ、ふきさんがトライアンドエラーを繰り返すことを受け入れるのは、それだけ成長できているからではないでしょうか。
それをバネに、焦らず進んでいけると良いですね。

質問者のコメント

‪おもしろいお話ですね。それぞれそのままに在り干渉し合いつつも邪魔をしないような感じでしょうか。人間が成すには難しそうです。‬
‪良い悪いはその時々変わるのはそうですね。自分がより良いと思うものを提案することを繰り返すという選択をしていますが、それさえもよいか悪いかわからないのは確かです。考え方の部分も含めてとにかく色々と試すことを続けていこうと思います。‬
‪コメントありがとうございます。‬