こんばんは。 29歳女性です。 お恥ずかしながら(?)最近,,,

somechikaさん
回答数
0
somechika
さん

こんばんは。
29歳女性です。

お恥ずかしながら(?)最近、アダルトチルドレンというものを知りました。当てはまることが沢山あり、自分はアダルトチルドレンなんだと自覚しました。私の昔話、話させて下さい。

私は三兄弟の末っ子です。家族間の仲が悪く、言い争いを見て育ってきました。それが普通なのだと幼少期は思ってました。他の家庭と違うと気づいたのは小学生低学年の時でした。授業で夏休みの思い出を一人ずつ発表してたときです。皆、家族と出かけたりと家族の思い出を話していました。そこで気づきました。自分は家族全員と出掛けたことがないことに。家族全員でご飯を食べたことがないことに。それが「おかしい」ということに。
そして、うちは貧乏だと言われて育ちました。貧乏だからうちはクリスマスは無いんだよと言われ、そうなんだと思ってました。貧乏だからお小遣いもない。何かと「貧乏だから」と言われていたので、貧乏だから他の家庭とは違うんだと納得していました。
ずっと荒れていた家族間ですが、さらに荒れることになったのが、兄がグレてしまった時です。兄は当時の事を覚えていないそうです。毎日、家族の怒鳴り声と母親の異常なほどの叫び声が飛び交っていました。兄は感情を全て母にぶつけていました。そして、母の愚痴を私が聞いていました。母さんが一番頑張ってて、一番辛くて、一番可哀想なのだと何度も聞かされていて、そうなんだと思っていました。なので、良かれと思って兄に助言をしたら、その事を母に当たり散らかしたようで、母に「余計なことをしないで」と言われました。その言葉がとてもショックで、それから私は何も言わず、毎日のヒステリックな声を聞きながら、部屋にとじ込もっていました(不登校ではありません)。兄の逆鱗に触れてしまった時は暴力を受けていたので、包丁を持ち出し、これ以上私に近づいたら刺す。と言ったこともありました。
そして高校生になり、私は家では良い子で居て、学校に行くと荒れて保健室に行くことが増えました。物心がついた時から家族の前で泣くことはありませんでした。「母さんが一番」と思い込んでいたので、私のこの辛さは母さんの辛さに比べたら何ともない。母さんの方が辛いんだ。だからもっと頑張れ。と手首を切っていました。色々と隠すのが上手くなっていたので、リストカットも誰にも気づかれることはありませんでした。学校で泣き叫んだり、過呼吸になったりしていることは親には言わないで欲しい、と先生にはお願いしていました。それが高校生時代です。それから時は進み、現在までぶっ飛ばしますが、今では中学生の頃からうつ病だったことや、母に対しての異常な思い込みがあり、全て抱え込んで「助けて」と誰にも言えなかった事など、ちゃんと自覚をしています。しかし、なかなか「母さんが一番」「貧乏」のトラウマはとれずにいます。
少し前に閉鎖病棟に入院していましたが、お金がかかるし。と早めに出てきました。今でも母さんが一番辛くて大変なんだと思っています。ここを変えるのはなかなか時間がかかりそうです。

はい。ただそれだけです笑
私の昔話でした。
ここまで読んでくださり有り難うございます。

つぶやき うつ病 リストカット アダルトチルドレン

回答一覧

回答がありません