ボダっぽさについて。長いです。 相談でははじめまして。 ,,,

神無月 六歌さん
回答数
3
神無月 六歌
さん

ボダっぽさについて。長いです。

相談でははじめまして。
私は初めて精神科にかかった時、自分はボダ(境界性パーソナリティ障害)なんじゃないかと思い、そう思う根拠を主治医に伝えたのですが、主治医の見立てではボダではなく統合失調症と双極性障害の間ということでした。

ただ、ここ最近で自分の中のボダっぽさが目につくようになりました。
具体的には、理想化とこき下ろし・試し行為・見捨てられ不安が主です。
加えて言うなら、最近のメンタル不調は統合失調症やら双極性障害のような病的に突然理由なく起こるものではなく、引き金あっての極端な病みだなと思います。

彼氏に「死にたい、というよりは生まれなかったことになりたい」と言ったところ、「死にたきゃ死ねとしか言えないよね」と言われました。
「どうせ他者に話したって絶対助けてくれるわけじゃない。拒絶されるくらいなら初めから言わない方がまし」と言うと「そこまで考えるならひとりで生きていくしかない」と言われました。
今まで誰よりの理解者であると信じていた彼氏のことが急に怖くなりました。やっぱり人間なんて私のことを愛し続けてはくれないんだと思ったら本当に馬鹿馬鹿しくなったし、その程度なら初めから私なんかの告白を受けるなよと思い怒りが湧いてきました。このあたりで理想化とこき下ろしをしている自分に気づくわけですが。

これはなんなんですかね?やっぱりボダだったのか、違うとすればこのつらさは何?名もなきメンヘラ?

もういいよ と言われたっきり何も送られてこないLINE。業者の公式アカウントから来る通知に一瞬ドキッとしてはなんだ、と思う。
毎日泣くだけで何もできないのもつらいです。せっかく派遣バイトも応募してたのに行ける気がせず仕事紹介の連絡もぜんぶ無視してます。

本当はもっと色々あるのですがさすがに長くなりすぎるので割愛しました。

ボダの診断は下りてないけど似たようなことあるよ、なんて方がいらっしゃったら少しお話聞かせてくれませんか。
どうやって生きていますか。
愛されるためにしたことはありますか。
もしくは、諦めましたか。

相談 境界性パーソナリティ障害

回答一覧

nmc
nmc
さん
nmc
nmcさん

こんばんは、初めまして。
器質的に明らかなもの以外は結構曖昧ですよね精神科の診断基準って。
同じ人を見ても医師によっても違いますしね。
大事なのは診断名ではなくあなたがいま何に困っていて、それを解消するにはどうしたらいいかということだと思います。
診断名ついたからといってあなた自身が何か劇的に変わるわけじゃないので。
ネットもいいですが、境界性人格障害の行動や思考の癖に当てはまることが多いと思うなら関連書籍とか読んでみるのもおすすめです。図書館でいいので。
思考の歪みとか癖とかそうそう治るもんじゃないですし治さなくていいんです。
自分や他人に向けて暴発(行動化)するのが問題なだけで、それはコントロールできるようになります。
ボダっぽさ、そんなに文章からは感じないのですが…。納得いかないようならそのあたりも主治医とちゃんと話してみた方がいいかもですね。

質問者のコメント

そういえば本は昔読んだきりでだいぶ忘れてることがあるだろうなあと思いました。散歩と図書館を組み合わせて出かけてみたいと思います。
癖は治さなくてもいい、コントロールできるようになる……自分にはない考え方でした。
ボダっぽさ、普段は自分でも感じないんです。たまに爆発するというか。たぶんここ3年くらいはそんなことなかったと思います。
主治医にも要相談ですね。
ありがとうございます。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

私は双極性障害の手前の段階と言われている気分循環性障害です。

この病気はアダルトチルドレンの人がなりやすいそうなんですが。
私は夫への期待が強すぎて、なんで支えてくれないんだって不満に思ってました。

でも、医者の言うには、夫への期待が大きすぎるから怒りの矛先が夫へ向く、自分の感情の面倒は自分で見るものだ、ということを教わりました。
相談者さんもこんな感じなんじゃないかな?と思いましたが、いかがでしょう?

愛される、ということより、自分で自分を愛することで自分を満たす、という方向にシフトした方が、余裕を持って相手を愛し、その結果として愛されるようになるんじゃないかと今は感じています。

自分の感情のお世話は、自分一人だけで毎日、趣味か散歩をする時間を取り、自分の五感が感じていることに意識を集中する、風が気持ちいいとかこの音いいなとか。
自分一人だけで外食に出かけ自分で選んだ料理を味わう、というのもいいそうです。
こういうのを続けていくと、自分の感情を自分で拾えるようになり、自分が自分に関心を払えて貰えていることから、自己肯定感が上がってきて、誰かに特別扱いされなくても気持ちが満たされるようになってくるそうです。

鬱や双極性障害などの病気の場合は、お薬で気分の振幅を抑えつつ、このトレーニングを続けると、自分で自分のコントロールができるようになってくるそうです。

私は、そういう風にして、夫に対してキレるのを治すことができました。

参考になったら幸いです。

質問者のコメント

ACがなりやすいと言うのは初耳でした。まさにそれかもしれません。
「愛される前に愛せ」。頭では分かるのですが未だに心では理解出来ずにいます。愛されたさが先行するのと、自分のことを愛せる意味がわからないのと。
ですが、五感を使う、つまりマインドフルネスかなと思うのですが、そういえばしばらくやってなかったなと気づきました。用もなく外に出てみようかな。
ありがとうございます。

f_w_r_k
f_w_r_k
さん
f_w_r_k
f_w_r_kさん

神無月さん、はじめまして。生きづらさ、お察し致します…。
医師で境界性パーソナリティ障害と診断してくれる方は少数派だと肌で感じています。私も今までかかった医師たちから正式に診断は受けていません。双極性障害などと診断してしまった方が診療しやすいし処方箋も出せるのかな、と。
私の場合は、信頼できる臨床心理士が境界性パーソナリティ障害も専門分野にされている方でした。そこでのカウンセリングで境界性パーソナリティ障害の可能性もある、程度でした。
大切なのは、まず認知の歪みが自分自身に生きづらさをもたらしていることに気づきを得るだと思います。神無月さんは気づきを得られたので、一歩踏み出せていますし、こうして相談されていることでもう一歩踏み出せていますよね。
生きづらさを感じている認知の歪みに対しては、例えるなら視力の悪さを眼鏡やコンタクトで矯正する…まではいかなくとも、サングラスをかけて見える世界の色を少し変えてみる程度の心理療法が私には合っていました。
カウンセリングに行くにはハードルが高い場合もあるかと存じますので、私からは本をオススメします。当事者の咲セリさんと医師の岡田尊司先生が著した『絆の病』です。
私も療養中で相変わらず生きづらさはありますが、慌てず焦らず諦めずゆっくりやっています。少しでもお役に立てれば幸いです。

質問者のコメント

既に気づきを得られているだとか、一歩踏み出せているという言葉にはっとさせられました。自分ではそう思っていなかったもので……。
岡田先生の本、愛着障害のものは読みましたがとても泣いたのを覚えています。ここでまたその方の本をおすすめしていただけたのはご縁かもしれないと感じました、ありがとうございます。
お互いいつか穏やかに暮らせているといいですね。私も諦めずに生きていけたらなあ……。