恋愛感情は3年がピーク? こんばんは、好きな人に相手にされ,,,

カス子さん
回答数
5
カス子
さん

恋愛感情は3年がピーク?
こんばんは、好きな人に相手にされないまま3年が過ぎました。ここをピークに下がってくれればいいものをいっこうに収まる気配がなくとうとう告白を通り越してプロポーズをしてしまいましたが当たり前のように玉砕しました。突発的に行ってしまったことで相手にも迷惑をかけたしこれをきっかけに知人ですらいられなくなるのではとその場で泣いてしまい余計に迷惑をかけまくりました。自己嫌悪で帰ってからもずっと泣いています。薬がききません。恋心は3年がピークといいますがこれは治まるのでしょうか。また、自分のこの恋愛に前のめりになりすぎて自分自身をコントロール出来ないことにも嫌気がさします。コントロールの仕方を教えてください。

つぶやき 恋愛

回答一覧

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

期間については個人差があるのでなんとも言えませんが、一般的には交際関係になり相手との関係が日常的なものになったところをスタートラインに考えられるものかと。
片思いは、相手の良い面しか見えておらず、かつ交際関係にないので相手が自分にとって非日常の存在です。そのため無限に理想化が膨らむ傾向にあります。(私調べ)
そして膨らませ過ぎた理想が暴発すると大変な事故になります。

具体的な対策は思い付きませんが、膨らませ過ぎる前にアプローチをしておくか、それでも脈がなさそうなら早めの撤退を心がけるか、といったところでしょうか。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

いい回答が出切っているので、なぜ恋心は3年とよく言われるのかの仕組みについてお答えします。
3年と言うのは、子供を産んで一人で立って歩いて自分で食べられるぐらいになるのが3歳ぐらいだからだそうです。
それまでは、ほとんど母親が付きっ切りでないといけませんよね。
太古の昔からDNAに刻まれたものだそうです。
だから倦怠期があったり、結婚してから子供が産まれると、奥さんは子供に付きっ切りになってしまうので旦那さんの気持ちが離れていったりしてしまうらしいんですよね…。
あとは、育児してる間は子供を守るためのホルモンが出るので、旦那さんまで敵とみなしてしまい、些細なことでイライラしやすくなるとか攻撃的になりやすいとか。

ですが今回の場合は片思いですので、上記の理屈が通るかどうかと言われると、ちょっと難しいかもしれません…。
やや的外れな回答失礼しました。

katie
katie
さん
katie
katieさん

ここではお久しぶりですね、スカイプではいつも別の名前でお世話になってます、こんばんは。

私もちょうど3年程諦めきれない人がいますが…(これもスカイプで話題にしましたね)よく言われる3年というのは、私も相思相愛状態で3年続いた場合を指すんだと思ってました。
2人で過ごす3年より、1人で思い詰める3年のほうが、格段に長いとおもいます。だからこそ未練を募らせてしまうんでしょうし、すぐに気持ちを切り替えるのは難しいと思います。
時間が解決してくれる時、そうでない時とありますが、たまには別の存在に目を向けてみてはどうでしょうか? 異性やリアルの人間では無くても、2次元キャラでも動物でも良いです。
代わりの恋に乗り換えるのではなく、夢中になったりハマれる相手を作るのは、新鮮で楽しいですよ。もしそれができない時は、自分なら過食とかに走っても仕方ないと思ってます。あくまで一時しのぎとして…

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

こんばんわ。お久しぶりです。

お薬が効かないくらい落ち込むのは辛いですね。。。

コントロールの仕方っていうよりも、恋愛だけにとどまらず、のめり込んでしまうのって、やっぱり自己肯定感不足からくるんじゃないのかなぁ?と思ったりしました。
自分を満たしてくれるんじゃないかっていう期待が大きくなりすぎちゃうというか。

すーぱーちゃーはん
すーぱーちゃーはん
さん
すーぱーちゃーはん
すーぱーちゃーはんさん

私も振られて数年たっても未だに好きな人が居ます。
一人相撲が長いと相手の方とのいい思い出や好きな部分といった綺麗なところばかり抽出してどんどんキラキラしていくんですよね。
なので私の中では2次元と同じ扱いです。

治めたい場合は全ての連絡を断ち、履歴を消し、思い出の品を捨てるのが手っ取り早いです。
そうするとますます相手が遠ざかって2次元だなって思えます。
連絡も取れない相手はもはや偶像です。

諦めたくない場合は相手の自分に対するテンションを見極めて合わせるしかないと思います。
いきなりテンションの高いことをすると断られる可能性が大きい…とどこかで読みました。

自分はまだ最初に述べた人が好きですが、他の人とデートしたり仲良くなってみたりして、楽しんでます。
綺麗にしすぎた思い出よりは生身の人間だなぁと最近は感じます。