その昔、ストレスで太る男のことが好きだった。逆にぼくは負,,,

あさかさん
回答数
0
あさか
さん

その昔、ストレスで太る男のことが好きだった。逆にぼくは負荷がかかると食べられなくなるたちで、人生の絶不調であった。ずっとベッドにいて、昼間にこんにゃくゼリーを食べるだけの生活をしていたら痩せた。
少し前は、ぼくもあいつと同じように辛い時ものを食べるような人間だったのかな、と思うようになっていた。食べるのが楽しくて、食べると怒りがちょっとおさまるみたいだった。でも今、ご飯をお腹に入れるのが苦しい。喉が詰まった感じがする。先週と同じ量の昼飯でお腹がパンパンになる。
食べられるうちはストレス度が低いんだなって思った。真逆の人もいると思う。

つぶやき 双極性障害 拒食症 境界性パーソナリティ障害

回答一覧

回答がありません