いっそ事故に巻き込まれたら。 朝が来るたびに、学校や会,,,

さん
回答数
0

さん

いっそ事故に巻き込まれたら。

朝が来るたびに、学校や会社に行きたくないと思う。
熱があったらいいのにと、何度も熱を測る。
熱はないのでとりあえず学校や会社へ行く。
それなりに挨拶もするし普通に授業受けたり仕事する。

それでも、楽しいとは思わない。
狭い部屋でデスクワークをしていると息が止まりそうになる。
就業時間を知らせるベルが待ち遠しい。集中している時としていない時の差が激しく、仕事が全く手につかない日もある。

生活が楽しいと思ったことはない。
生きていて楽しいと思えない。

時々、乗っている車が交通事故に逢えばいいのに、車が突っ込んでくればいいのに、と思う。入院できれば観たい映画も見られる、沢山本も読めるのに、と思う。

街を歩いていると、行き交う人が自分を見て笑っているような気がする。服を買うのも羞恥心がある。何故か分からない。
誰もいない場所(トイレとか海辺、屋上)は本当に落ち着く。
しかし、人混みの中1人でいるのは辛い。

23歳。社会人一年目。地方高を卒業し都内私立大へ。文系選択のため物理や化学の教育は受けていない。大学でも文系科目のみ選択し、専門知識も特に身についていない。

常に自信がない、グラグラに倒れそうになる自分を必死には取り繕って、取り繕うのに必死。
大学生活はほとんど引きこもり、着ていく服がわからなくて外出できなかった。友達と会うのに出かける直前にシャワー浴び始めた事もあった。毎回遅刻するのでしまいには面倒になり外で遊ばなくなった。授業には出ていた。精神状態はかなり悪化したが、実家に戻る回数は少なかった。3年生の時にいよいよ精神的に病み、親が上京してきた。
持ち直し、卒業へ、なんとか卒業できた。
立派ではないがレポートも出し、テストも受けた。

しかし、卒業論文は最後まで書けず、結局一か月で書いた完成度の低いものを提出した。
担当教授も呆れて、少し怒ったが、その程度。

その後、積極的な人の多く集まる活動に参加したこともある。
自分の意思で参加したにも関わらず、あまり楽しくなかった。常に同じと行動し、友人も増えなかった。心を閉ざしていた。明るい人になりたいと思いながらも、どうしてもできなかった。

真面目そうに見られるし、実際にそうあろうと努力もしている。(時間を無駄にしないよう、遊ぶ時間もテレビを見る時間も勿体無いと、勉強したいと思っている)
他人の生活はイマイチ分からないが、皆いつ本を読んだりスマホゲームで遊んだりしているのだろう。
わたしがそれをすると課題など仕事をする時間がなくなる。
頑張っているが、結果が伴わない。主観的に満足していなければ、客観的な成果もない。

結局は怠け者で、課題などは最終日にならないとやらなかったし、どうすれば手っ取り早く終わらせられるかを考えていた。
最後で何とかなっていたからここまで来た気がする。

いつのまにか周囲から浮いてしまう。余計な一言、失言をしてしまう。馴染みたい気持ちからいつも笑ってはいるけれど、本心はビクビクしている。

小学生の頃から給食の時間は誰も喋らず、クラスがしーんとしてた。高校の時も。クラス全体が大人しかったわけではないけれど、黙って食べてた。特に指示があった訳ではないけれど。だから、他の学校の人達の昼食時間の話を聞くたびに違和感を感じてしまう。だから今でも誰か大勢の人と食事をするのは苦手だ。食べながら話すと味がしないし味わうと話せない。

皆何を考えて生きているんだろうと思う。

精神科に通ったことは無いけれどカウンセリングは受けたことがある。

病気だと診断されたことは無い。今のところなんとかやっているので現在の生活は絶対に壊したくない。

けれど、もう少しラクに生きられたらいいのにと願っている。

つぶやき 無気力 さみしい AC

回答一覧

回答がありません