ずっと自分の事を気にかけてくれる古い友人が数年間海外で生,,,

敏感辟易太郎さん
回答数
0
敏感辟易太郎
さん

ずっと自分の事を気にかけてくれる古い友人が数年間海外で生活するからその前に飲みに行こうと誘ってくれて、嬉しいんですが同時に怖くて、無視してしまいました。
彼の誘いはいつも嬉しいのですが、同時に、何を話せばいいのか、酒で取り返しのつかないような事にならないだろうか、彼や自分にとって最悪の思い出になるんじゃないだろうかと考えてしまって、とても怖いです。
だから、今回に限らずいつも飲みの誘いは無視しているような状態でした。
無視する毎に罪悪感が止まらなくて、過呼吸を起こしてしまいます。
彼はこんな僕にも接してくれて、それに答えたいのですが、趣味などもあまり合う事が無く、思い出も共有出来ません。
というのも、彼と僕は同じ青春を過ごしましたが、自分の思い出は、いつも人よりも場所が軸にあって、彼や、他の人もみんな思い出が人が軸にあるので、面白かった昔のエピソードや、人の情報などを言われても自分は全くピンと来ないのです。
だから、思い出話も楽しいと思えた事が無いので、いよいよ本当に会った所で話す事が無いのです。
まず、その中で話題を振り絞って、飲み会が終わる頃には満身創痍になる事が多いので、正直行きたくありません。
でも、これは自分が悪いのであって、彼が悪いとは全く思わないです。むしろ申し訳ないのです。
俺も、普通の人間のように、人のエピソードで笑って、人の今を知って「へぇ~以外!」なんて思ってみたいです。
そんな当たり前の事が出来ないから、無視するしか無くて、そうするからこそ、この地獄から抜け出せません。
「これが自分だ」なんて正当化して、紛らわせて生きるしか選択値がありません。
「人に興味を持て」と、自分ではやはり思います。
人に対する興味とは一体何なのでしょうか。
動物的反射から導き出されるその人の特性を理解する事?
その特性を愛する事?
人に興味を持つという事は、その人の内臓に関心を持つ事?
どうすれば、自分は人に興味を持って、人が好きそうなものを好きになって、人が好きそうな事をするようになれるのかが分かりません。

逆に、自分は人に何をして欲しいんだろう。
自分は、人に無関心と生存できるだけの物体、物質を要求したいです。出来る事であるなら。
後、出来る事なら、愛が欲しいかもしれない。
でも愛と言うのは、諸行無常が甚だしくて自分にとっては恐ろしいです。
どんな愛も終わってしまう。終わった時の悲しみを覚悟するのにどれだけの力が必要なのだろうと考えると、自分にはとても出来ないと思う。
愛では無いですが、最近、自分の事を親身に手伝ってくれる友人に裏切られました。
覚悟はしていましたが、やはりひどく傷ついて、もう立ち直れないんじゃないかと思いました。
人と関わると、そんな事の連続で辟易しきって、それに絶望を感じています。
だから、人と関わりたくない。
人のいない世界に行きたい。
自分ももう人間じゃなくて良い。
そう思えてしまうほどに、自分は人間が嫌いなのかもしれないですが、その一方で、嫌いにはなりたくないと思ってしまいます。
そういう自己矛盾が、罪悪感を産み、苦しみが増えていきます。
もうやってられません。さっさと死んで楽になりたい。

つぶやき

回答一覧

回答がありません