自殺未遂を経験してますが、「死にたい」の気持ちはここか去年,,,

すーぱーちゃーはんさん
回答数
5
すーぱーちゃーはん
さん

自殺未遂を経験してますが、「死にたい」の気持ちはここか去年通いだした病院かでしか話してないんですよね。
身近な方へ「死にたい」の伝え方がわからないです。

かまって欲しいとか優しくして欲しい、ワガママを通したいとかではなく、単純に生きるの面倒すぎるなって気持ちで死にたいんです。
ここなら何となく共感してくれる方がいるかもなって思えるんですが、どうも普通の人はまず死にたい気持ちからかなり距離があるようで、違う生き物のような扱いをされそうで難しいです。

皆さんは死にたいって気持ちの話は、ご家族や親密な関係の方に伝えていますか?


相談 希死念慮 双極性障害

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

とても共感します。
大丈夫です。
理由はわからないから何とも言えないけれど、軽い気持ちなんかじゃなく本気だと信じます。

先日、衝動的に自殺を決意した日があって、でも道具や準備が足りないのでその日は諦めて、ODで寝逃げしようとしました。
死ぬ前にどうしても気になることがあり、彼に通話をかけたら、病院に電話してほしいと言われたので、ODで朦朧としながらも病院に電話しました。
当直の看護師さんにストレス源と八方塞がりで追い詰められていること、死にたい理由を感情のままに泣きながら(だったかな?)話し、今すぐにでも死にたいと訴えました。
言葉で何と言ったのかはっきりとは覚えてませんが…
「もう何もかもが嫌で、自殺か入院したい」
と言った記憶があります。
その後、親に電話を代わるよう言われたので親に代わったところ、看護師さんから親に危険な状態なので注意して見守るよう伝えられたようです。(会話を聞いてないのでわかりませんが、父の返答が「そこまで深刻な状況だとは思っていませんでした。気をつけます」みたいな感じだったので)
ただ、伝えると生存確率が上がるのも確かでして…
「本気で自殺したいけど、死んだらやばい気がする」
と言う気持ちがあるならば、話した方がいいと思います。
周りの人の心の準備もできますし。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

書き忘れました。
翌日病院に来るよう言われ、病院へ行き、診察と点滴を受けました。
担当医ではなかったので、今日通院で担当医に色々と伝えなければならないのですが、準備は進めているものの衝動はおさまりましたし、自殺止められるのは嫌だなと思い…でも行った方がいいよな、と葛藤中です。
通院して色々話したりしなければならないと言うだけのタスクなのに、頭の中ではつらいつらい死にたい死にたいが出てます。

最後自分の話にそれてしまい、申し訳ありませんでした。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
大丈夫ですよ、落ち着いてくださいね。
そも私の希死念慮は中学生くらいからずっと何をしていても付きまとっていて、生きるためにはやることが多くてめんどくさいなぁ位の軽い気持ちなんです。なにかトリガーがあってそうなる方もいるんですね。人によって違うとなるとますます説明が難しいですね。私はやっぱり人には言わないことにします。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

(理由書いてありましたね、更にトリガーがあるかなと思った故の発言でした。すみません…)

nmc
nmc
さん
nmc
nmcさん

物心ついてこの方ずーーーっと死にたい気持ちが消えたことはないですが(多少遠ざかることはある)そういうことを話すと微妙な反応をされることが多いのでめったに言わないです。
言われても反応に困るかなーと思いまして。
鬱病をカミングアウトしてくれた友人には自殺未遂経験があることと、病気や通院歴のことも軽めに話しました。長く付き合っていきたいと思えた相手だったので。
あとは病院で話すくらいですね…。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
やっぱりそうなりますよね。
精神病の友人もいるのですが、トリガーになるのも嫌でこれまた話せません。笑
私の感情のひとつとしてひっそりと付き合っていくしかないんでしょうね。

めんへらーZ
めんへらーZ
さん
めんへらーZ
めんへらーZさん

希死念慮という言葉をご存知でしょうか?
タグに書いてあるのでおそらくご存知だと思いますが、死にたい気持ちのことです。

私はこの専門用語を使って周りに説明しています。
「最近希死念慮がひどくて…」
「今めっちゃ希死念慮来てるわ」
といった感じで言うと、
「死にたい」
というよりも自分は死にたさを冷静に見ることが出来ていますよ〜というニュアンスが伝わるかと思います。

たぶん、言われる方も過度な心配はしなくて済むと思います。

また、希死念慮という言葉を知らない人に話す時も、
「希死念慮って言って死にたいって思ってしまう症状があって…」といったように話すと、変に説教されずに済むのでよく使っています。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
私も希死念慮という言葉で説明したことはあるのですが、引かれてしまいました^^;
「死にたい」の気持ちを含む話はどう足掻いても普通の感覚では理解や共感からは遠いみたいです。
私の場合は突発的でなく常にあるものなので尚更かもしれません。