うつ病の生活と大学生活と親と就活でとても今苦しんでます。 ,,,

おしゅ茶さん
回答数
2
おしゅ茶
さん

うつ病の生活と大学生活と親と就活でとても今苦しんでます。
元々うつ病で半年間学校を頑張って通ったのですが、限界が来て半年間休学していました。
そしてあともう少しでまた1年生をやり直すのですが、起きててもとてもだるくて何もやる気が起きなくて寝てしまったり暇が苦痛で仕方ないので遅くまで寝てたりしていました。

そしたら親に
「あんたは大学やる気あるの!?やる気ないなら辞めて」
「(母が元乳がんでいつ再発するかわからないから)私はいつ死ぬかわからないんだよ!?数年で死ぬかもなのに私はそれなのにあんたの世話して私がいなくなったらどうするのよ!!」
「あんたの何百倍もこっちの方が苦しい」
「低気圧で起きれないとか言ってるけど私は起きている!!あんたも甘えてないで起きろ」
「(自殺未遂して救急車に運ばれたことがあるので)救急車の音聞くと吐き気がするのよ!!」
「考えるより先に行動しなさいよ!!」
「病気に甘えてるんじゃないの?」
「泣くな!!」
などなど言われて正直本当のことだし何も言い返せませんでした。

そして就職もパニックになっちゃったり、思ってもないことを口にしてしまったり、体調の問題もあるので障害者雇用調べて見ても精神障害者手帳が必要なのに親が障害者が嫌いな為取れないかもという不安。

短大なのでもうあと一年で就活しなきゃならない不安が強いです。

一般企業...いや、バイトにすらまともに務められるか不安で仕方ありません。

父親のせいで自殺未遂をしたようなもんだし父親にはあまり頼れなくてどうしようもないです。

もう早く死にたいのにまた自殺失敗したら母に精神面と金銭面の負担がかかるし、確実に死ねる方法はないけどもう死にたくて死にたくて仕方ありません。

誰か意見などくれると嬉しいです。

相談 うつ病 就職

回答一覧

ま湯
ま湯
さん
ま湯
ま湯さん

い、家出しませんか……笑。
それはかなーり、過酷な環境だと思います。。
よくぞ耐えて、相談してくださいましたね。
年のせいか、読んでて目がうるうるしてきちゃいました……笑
ほんとに、ほんとに、大変でしたね。

精神科へ行ったり、休学したり、家族の負担を考えたり。
よく頑張ってこられたんだな、とひしひし感じました。

さて。
質問者さまはおくつなのでしょうか。短大2年目くらいみたいなので、20歳程度かな……。

お母さまの言葉は、明らかに言葉の暴力です。
精神的虐待というやつですね。
事情を話せば、先日メンヘラ.JPに掲載されていた、子どもシェルター等にも、支援や相談ができると思います。
(→http://menhera.jp/5464)

場所によっては20代でもokですし、こども110番は弁護士会が設けている窓口なので、色々と情報が得られると思います。

それ以外でも、電話相談や支援団体はたくさんあります。
虐待、ハラスメント、アダルトチルドレン(AC)、などのキーワードで検索するといいかな、と感じました。
個人的な意見ではありますが、どこかしらに繋がって、おうちを出て生活することをおすすめします。

手帳は、できれば取った方がいいです。
取得できれば、障害者雇用もありますが、程度によっては年金がもらえます。
いざとなったら、当場は年金と生活保護で、なんとかやっていくことはできるはずです。

問題は、ご家族と社会の目ですね。
どう見られるか、どう思われるか、自分は負担じゃないか……プレッシャーは多いことでしょう。

お母さまも、生活の不安や病気の不安で、相当追い詰められているようですし……。
不幸って本人しかわからないから、ほんとは比較できないものなんですけどね。むしろ比較すると、ますます不幸になる気がします。
なので、そのためにも、ご家族といったん距離を置くのは、効果的なのではないかと思います。

いちど離れれば、お互いにリフレッシュできますし、負担も軽くなります。比較グセも、人によっては抜けます。
そうやって徐々に、心身ともに軽くしていってから、ご家族と交流を復活させる、というのもアリだと思います。
復活しないのもアリですけど。

社会の目、という点では、やはり資格や学歴があると、便利ではあるとおもいます。
でも、何よりも生きてることが一番なので、資格も学歴もまあ、あとから買えるものではあるので(むしろ年取ってから取得すると尊敬の目で見られます)、無理をすることはないかなと。

「障害者」と見られるのは、たしかにつらいかもしれません。
取得したとき、私も軽くショック受けました。自分で選んだことなのに。
でも、「障害者」って、「生活に支障=障害を感じている人」って意味なんです。
どんな理由であれ、ちょっと生活が大変だな、と思ったら、誰でも利用していいんです。
少しでも多くの人が、より平等に、フェアに生活できるために、設けられてる制度なんですから。

だからこそ、手帳はいつでも返還できますし。
別に生活そんな大変じゃないよ!
っていうなら、統合失調症でも手帳いらないんです。
(実際にそんな友人がいます。よく神サマの声が聞こえるらしいですが、本人は不自由なく、至って幸せそうです。)

グダグダっと、まとまらない文章でごめんなさい。

死ぬほどつらいとき、死ぬなとは言えません。そのくらいの自由は許して!生死くらい自分で決めさせて!と感じた経験があるので。

でも、ご縁があった以上、もし死んでしまったら、私はとてもさびしいです。
私はこうやって誰かのお話を聞いて、むにゃむにゃ考えて、時々回答して、
そうして世の中や、どこかの誰かと交流を持てることが、小さな楽しみのひとつなんです。
だから今回も、こうやって質問していただけたことや、回答できる機会があったこと、とても嬉しく思っています。
ありがとうございます。

なにか、質問者さまにとって、小さな光が見つかりますように。
心からお祈りしております。

質問者のコメント

こんな私のことをわかってくれる人もいるんだな、しかもこんな詳しく色々教えてくれてとても嬉しいって気持ちでいっぱいです。ありがとうございます?
まずは電話相談からしてみようかなと思いました。
手帳の事も教えてくださりありがとうございます。
前向きに検討してみようと思います。

祭めぐる
祭めぐる
さん
祭めぐる
祭めぐるさん

大学については無理に卒業することはないと思います。
私も理由こそ違えど中退しました。
たしかに職業に制限ができますが、むしろ私たちのようなメンヘラが大卒以上のハードワークに就けるとはあまり思わないので、そんなに変わらないかもしれません。

就活やバイトについてですが、まずは在宅の仕事(体調が悪い時は寝ていられて、体調が良い時に仕事をすることができます)に強い資格の勉強から始めてみては如何でしょうか。
私は友人に校正の資格を取るように勧められています。
校正以外にも色々あると思うので、ご自分に向いたものを見つけてみればいいと思います。

資格が取れたら(在宅未経験である以上薄給ではあると思いますが)仕事をすれば良いと思います。

参考にならなかったらごめんなさい。

質問者のコメント

校正初めて知りました!色々これから調べて自分に合うものを探していこうと思います。ありがとうございます?