ダメイさんなのだ。 腕に爪をたてながら耐えていた希死念慮,,,

ダメじゃないさん
回答数
2
ダメじゃない
さん

ダメイさんなのだ。
腕に爪をたてながら耐えていた希死念慮がなくなったので、驚いてるのだ〜!(歓喜)
いやいや、第一頓服+傾聴のおかげなのだ。
ただ、感情を吐き出したらだんだんハイになってきて動悸が始まったので、第二頓服をもらったのだ。

ナースステーションの奥で話を聞いてくれた看護師さんからは、退院まで看護師さんたちと今後の方針を決めて、ダメイさんはもっとたくさん話して、感情を溜め込まないで、汚い言葉たくさん使ってでも全部吐き出していくよう言われたのだ。
ダメイさん、また溜め込んでたらしいのだ。
もしかしたら、ダメイさんじゃなくてダメ太郎さんなのかもしれないのだ…ひまわりの種みたいに溜め込むフレンズ疑惑浮上なのだ…ダメ太郎って、なんかウソ太郎みたいなのだ…

いやいや、理性やストッパーが強いからこそ、知らず知らず感情を溜め込んでしまうフレンズなのだ。たぶん。
あと、病院でしか感情が出てこないのだ。
あとあと、母親がとても感情的なフレンズだったから、反面教師なのだ…。

看護師さんに泣きながら話を聞いてもらったあと、同室のフレンズにも聞いてもらって吐き出したのだ。
ただ傾聴が苦手なフレンズだから、自分の意見も言ってくれたのだ。
もちろん応援してくれてるのだ。
ただ、途中から情報量が多くて疲れたのは確かなのだ(小声)

死にたくはないのだ。
生きたいのだ。
生きたいけど、望み通り何も失わず生きるのは難しいのだ。
「仕事とか家族とか、どうにもならないものや失う物がたくさんあるからこそ、それに縛られちゃってる気がする。私は何もないからさぁ」
と、無職+年金+生活保護で一人暮らししてから職探しをしようとしている同室のフレンズに言われたのだ。
確かに…なのだ。
順番間違えた…?いやいや、人それぞれなのだ。

ダメイさんは頑張って就労移行から企業に就労したのだ。
もうすぐ2年経つのだ。
それは評価していいことなのだ。
そんな気安く失いたくないと思うの、当たり前なのだ。
就労移行にいったって、全員が全員就労できるわけじゃないのだ。
ダメイさんは頑張ったのだ。
頑張って手に入れたものだし、それによって家庭内でも地位が少し上がった武器なのだ。

順調にステップは踏めてるのだ。
ノルマクリア成功してるのだ。もう一回遊べるドン!なのだ。
さて、次は住居なのだ。

それだけなのだ。

ダメイさん、大丈夫なのだ。
前に前に、きちんと進めているのだ。
落ち着いて振り返って自分の頑張りや足跡を見てみると、ほぼ計画通りなのだ。
大丈夫なのだ。

その時その時は、もちろん本当に苦しい時もあったのだ。
職務経歴書書くのにトラウマ掘り起こさなくちゃいけなくて、支援員さんに八つ当たりしちゃったりもしたのだ…。
でもあとからちゃんと謝ったし、結局就労できたのだから、その支援員さん的にも八つ当たりされた甲斐あったのだ!

だから今回のもきっと、前に進んでるからこその苦しみや希死念慮、自殺念慮なのだ。
同室のフレンズからも、そう冷静に言われたのだ。
デイケア時代から最終目標がずっと自立だったのだから、そりゃなかなか簡単にはいかないのだ。
ラスボスなのだ。
倒して乗り越えてゴールするまでにたくさん苦しいから、死にたくなって当然なのだ。
まずは、自分の苦しみも死にたさも認めてあげることなのだ。

ダメイさんは、生きて自立したいフレンズなのだ。
できれば今の状況から何も失わず、一人暮らししたいのだ。
でもそれはすごく難しいし、時間のかかることなのだ。
でも今回の入院で、一刻も早く出た方がいいと感じるきっかけが、たくさんあったのだ。
無意識にそう感じているから、焦ってしまうのだ。
折角入院で芽生えかけてる自我を、元に戻したくないのだ。
考えるだけで悲しいのだ。嫌なのだ。
ダメイさんは家族から離れて、親の目や干渉からも離れて、自由に好きなものや欲しいものを買い集めたり、好きなフレンズたちのためにお金を使いたいのだ。
そのために働きたいのだ。
誰かからもらったお金じゃダメなのだ。
自分で稼いだ自分だけのお金で買わないと、意味がないのだ。
たぶん、本当は住居も自分のお金でがいいのだ…。

生活保護になったら、予想されるのは母親からの猛攻撃なのだ。
「失望した!そこまで落ちるなんて見損なった!信じられない!産まなきゃよかった!」
これ以上のことも言われると思うのだ。
怖いのだ。
ずっともらい続けていくわけじゃないのに、みんな古いのだ…。
ダメイさんだって、できればもらいたくないお金だからこそ、気が進まないのだ。
でも、親は手元にあるお金、しかも幼い頃から「これはダメイさんの分だよ」と言い聞かせてきたお金を、この危機的状況で出し惜しみしているのだ。
結婚したら出す?この年齢で何寝ぼけたこと言ってるのだ?早くもボケたのだ?

あれ?矛盾…いつものことだけど、またダブルバインドなのだ。
けなすなら、あるお金だけでも援助すればいい。
それができないから、生活保護を受けるしかない。(仮定)
生活保護を受けると、けなされると言うか、攻撃される…?

やっぱり、うちの家族はみんな頭おかしいのだ。
みんな、苦しみながら我慢し続けて停滞していたい人たちなのだ。
恐らく、ダメイさんが一番正常なのだ。
そんな人たち、すがられても見捨てていくしかないのだ。

ダメイさんとは違うタイプのフレンズなだけなのだ。
そう言うフレンズだから、仕方ないのだ。

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

お金…一応、子供のためにプールしてあるんですね…

うちは。
子供のためのプールって、子供が家を出る自立の時の費用として、貯めてたんで。

息子には、大学で家を出る際に、全額、自分の今後を考えて使うようにって、渡した。
娘にも、専門学校出てたし、息子が家を出たタイミングで、親にもしものことがあったりすると、一年間預金凍結されて路頭に迷ってしまうし、渡しそびれるから、全額渡した。
…最近、五十代で早死にする人結構いるみたいだし。夫婦で夫実家に車で出掛けること多いから、二親一気に失う可能性も無きにしもあらずだし。

女の子の自立させ方、って、人によって考え方がぜんぜんちがうんですよね。
あくまでも結婚がゴールの人もいれば、うちみたいに家を出るとこまで行ったらとりあえず終了って人もいるし。
かと思えば、後者のフリしてて、実際その局面になったら、結婚する前に独り暮らしなんて!とかキレる人もよくあるようです。

お金、あるんじゃんね?
自分のお金でなんとかなるんなら、逆に、とうにとっとと出て行かれてしまってるのにね。

手放したくないんでしょうね。

そりゃ、娘ってかわいいし、病気餅で未遂とかもしてるから、メチャクチャ手元から放したくない親心が働くだろうなぁ…というのはわかるけど。

『心配してくれるだけ』じゃ、人間育たないですよね。。。
『実際的な援助』ができないんじゃ。

…そういえば、もう見てるような気もしますが。
https://menhera.jp/7462
(最近URLコピーを覚えましたw)
これはもう読みましたか?
別件で世帯分離のこと調べてたら出てきました。
調べたらうちの市にもこういった制度があるみたいです。まだ検討してなかったらどうぞ。

質問者のコメント

遅くなりましたし長くなるので割愛しますが、親視点からのコメントで、改めて気付けたことや、とにかく救われたことを伝えたくて今更お礼を書いています。本当にありがとうございます。
>手放したくないんでしょうね。
この一言に尽きると思います。
父親は植物を育てるのが趣味ですが、切るの可哀想だからと言って剪定できずに伸び放題にして一番可哀想なことしてる人です。可愛いがるだけでは上手く育ちません。

ユーザー6985
ユーザー6985
さん
ユーザー6985
ユーザー6985さん

ダメじゃないさんへ

コメント・投稿を見て…ダメじゃないさんの方が、生活保護を受けてでも、一人暮らしをして、少しずつでも、働ける気持ちが強いと、私は受け止めました。 

何より、「生きたい」と言う『気持ち』と「したいことがまだ、有る」ならば…
生活保護の申請を諦めずに、無理がないよう体調が良い時に!区役所の生活支援課に『相談』して、ゆっくり計画を立てて下さい。

私は、生きる気力がなく働けるかも…分からない中、今日。
通院までの私が【行ける距離】よりも、遥かに外れた場所の不動産に1人で、相談に行きました。

厳密に言えば、私の場合は鳥が居ること飼育許可が難しいことや。
すでに、生活支援で『受給』を貰ってない段階と【審査】がされてない通っていないことから。
不動産の私を担当してくれた方が今までも、生活支援を受けて引っ越しされた方を担当して来てます。
と、言ってましたが。
私の状況を伝えた段階で…
「精神疾患【うつ病】の方は、どんな不動産でも、貸すオーナーや大家さんからは【精神疾患持ち】だけで、【印象が悪い】ですから。」と、ハッキリ言われました。
また「初期費用が、全て合計で約25万~30万は、自己負担で家族の方が、いくらまで出せそうですか?」とも、言われました。
私は「一応、初期費用と引っ越し代までしか出せないと言われてますが…具体的な金額までは、分かりません。」と、伝えました。
担当の方は、色々考えて、もの凄く困った様な顔をしていました。

また、私の担当して頂いた方からの提案で…「精神的なうつ病では無く!現在はヘルニアの為、働けないことを口裏をこちらに合わせて下さい!」と、強く言われました。

それから、何件も、電話だけの連絡で「鳥の飼育は、そちらでは宜しいでしょうか」と話し【断られ】「現在、ヘルニアの為、無職で、お住まいを探していらっしゃる女性の40代の方なんですが、まだ生活支援の審査前の状態なのですが…」と話して「審査が通る前だから、受け入れられない」とか。その繰り返しで、断られました。「いいですよ」と言ってくれオーナー・大家さんは、居ませんでした。
また、不動産の担当者さんからは「審査が、厳しい所や緩い直ぐに通ることも、有りますが審査が通るが大切ですから」と、言われました。

また、一番の課題は「誰か、連対保証人になってくれる方は、居ますか?」と、「保証人は(代行)出来ても、連帯保証人は、現在働いている方が必要です。」また、「連帯保証人とは、住居者・住む方と同等の責任を追います。」と言う契約が必要と言われました。妹に聞きましたが、家庭が有るからと言われました。

私の母には、聞いてませんが…
きっと「無理」と断れると私は思ってます。

そのことを踏まえて、ダメじゃないさんには、ペットは居ないことと、一人暮らしが出来れば!どんな物件も有るので、条件や希望が少なければ、不動産の方も探しやすと思います。
また、唯一のお父さんに理解して説得して、連帯保証人を記入して貰えれば!審査や調査も、私よりは、進むかと思います。

住む場所が余り条件や希望がなければ、通りやすいのは私自身で、実感しました。
ダメじゃないさんの『意志の固さ』が、最も重要なカギになりますから…
「今後、先は、仕事して自分のお金で、いずれ生活をして行きたいと思ってます!」と、言えばそこまで、難しい課題・壁では無いと思います。

お母様に、どんな批判や毒・陰険な言葉も、一人暮らしの希望が見えてきたら、一時は耐えられると思います。

私の状況や条件だと、今の世の中は、厳しいと…ただただ実感させられ、本当に生きる気力を亡くしました。

ダメじゃなさんは、とても『前向き』に考えているから、他人からも応援してくれると思います。

ダメじゃなさんの一人暮らしを陰ながら、願ってます。

質問者のコメント

遅ればせながら、ありがとうございます。
生活保護は、嘘でも働く意思を見せておかないと、保護課からせっつかれると思うんですよね…。
アドバイスをもとに、賃貸を借りる際は精神疾患は隠そうと思います。
今の状態から何も手放さず、一人暮らしすることは難しいですよね…。
6985さんも今後、順調に前に進めるよう祈っております。