はじめまして、雪村圭太と申します。本名ではありません。 ,,,

雪村圭太さん
回答数
6
雪村圭太
さん

はじめまして、雪村圭太と申します。本名ではありません。
現在、障害年金2級とマンガのアシスタント、同人誌の収入で一人暮らしをしています。
今回相談したいのは、「絵と年金で暮らせている現在、再就職をするべきなのか」です。

現在26歳の男性です。大学を卒業後、新卒で入社した会社でパワハラに遭い、23歳で双極性障害2型を発症しました。病院で診断を受けたところ、もともとアスペルガーを持っていた上での二次障害だったと言われました。

2016年6月から会社を休職しました。福利厚生は手厚い会社だったので、その後2019年6月までの3年間、一定額の補助を受けられました。
その間、精神は乱高下していて、最初の一年は布団から一歩も出られず実家で眠り続けていました。その後一度は回復が見込めたとのことで東京に戻りましたが、今度は躁の気が強く出て、復職は不可能と主治医に言われました。
正直なところ、自分でも回復していないのはわかっていましたが、実家を出て東京に戻りたくて職場復帰しようとしました。僕にとって実家はそういう所でした。

それから2年、僕はずっと漫画を描いていました。幼少からずっと漫画を描いていて、ずっと漫画家になりたいと思って活動していて、実際大学時代に一度出版社から賞を貰いました。
就活をするか当時すごく悩んだのですが、その時肺の病気になって手術を受けたことから、「フリーランスだとこういうときの医療費で生計がガタガタになったり、仕事に穴が空いたりするんだな…」と理解して、就職しました。

でも、自分の中でずっと、会社で働いている間も「僕はこんなことがしたいんじゃない!漫画が描きたいんだ」と思っていたんだと思います。それが周りにも伝わってパワハラに繋がったのだと。

正直手当は少なかったので一人暮らしは困難でしたが、描いていたマンガが同人誌として売れたのでそれのおかげで休職時代を耐えられました。その経験が、今しているアシスタントの仕事にもつながっていると思います。

結局元の会社には戻りたくないという強い気持ちがあって、退職してしまったのですが、それとほぼ同時に障害年金2級が承認されました。100万円以上の遡及分が一気に入り、今後月10万円振り込まれることになりました。さらに退職金も入りました。

僕は同人サークルとしては中堅で、イベントごとに大体新刊1つにつき300~500冊の本が売れます。(委託含めて)
それによって、月平均5万円程度の収入が得られています。
また、アシスタントが大体月5回あるので、これも月5万円。

正直に言って、これで生活ができてしまいます。
さらに、身体がある程度動くようになってからは出版社に営業に行ったりもできていて、連載の依頼を頂きました。(まだ確定ではないのですが)

僕としては、想像した形とは違うけど、「絵で食っていく」という夢が叶ったとも解釈できる状況で、嬉しい気持ちはあります。一方で迷うのは、このままで良いのかという気持ち。

先々のことを考えたらやっぱり就職しなきゃとか、安定がとか…そういうことはあまり思いません。
一番怖いのは、「自分という人間が社会から断絶されたなにかになること」です。

この3年間、僕は殆ど人と会話しませんでした。
同人誌を出すと言っても他のサークルの人やネット上の知り合いと特別仲良くすることもなく、大学時代の友達とは躁鬱の波の中で不和を起こして決裂しました。
唯一、大学時代の先輩たちが、定期的に連絡をくれて、Skypeで通話したり食事に連れて行ったりしてくれます。(それが僕にとっては本当に有難い存在で、おかげで欝から抜け出せたのだと思っています。)

営業をしようと出版社の人と話していても、自分がうまく話ができているのかがわからなくなります。
世の中とつながりが無さ過ぎて、自分がなんなのかわからなくなります。

どうにか世界とつながろうと、バイトの応募など受けてみましたが、どこも落ちました。就労支援施設もなかなか通えずフェードアウトに近い状態です。

しかし、この状況でも、僕はおそらく今後も生きていけるのだと思います。経済的には。

漠然とした不安を抱えながら、でも絵を描くことはとても楽しいので、それに熱中して歌集中でひたすら描きまくった後糸が切れたようにぶつりと倒れて寝る、起きたらまた原稿…という生活を3年異常繰り返しています。

たまに役所に行ったり、親戚同士の集まりがあったりで、ちゃんとしなきゃという状況になっても、発症前までは普通にできていた「普通のふるまい」がまるでできない自分に驚きます。

僕は何者なのでしょうか。
もうすでに社会とつながらないモンスターになっているような気がして、取り返しのつかないような感覚があります。
どうすればいいでしょうか。

双極性障害

回答一覧

雪うさぎ
雪うさぎ
さん
雪うさぎ
雪うさぎさん

はじめまして!
今は、再就職より好きなことに精力するので良いのではないでしょうか。好きで能力がある仕事(漫画)の時間を割き、「社会との繋がりを持つため」に再就職するのは少しもったいないのでは、と思います。絵を描くことも立派な社会との繋がりだと思います。精神的に安定してきて、かつ就職したいとなれば就職活動に復帰するのも手だと思います。
実際に絵で生計を立てられる程の実力があり、信頼できる大学の先輩たちがいるのですから、社会から断絶されてなんていません。応援しています。

質問者のコメント

ありがとうございます。一日置いておいたら沢山の応援の言葉を寄せていただいていて、とてもうれしいです。
両親との会話などで、会社員でないことに負い目を感じていたのだと思いますが、今自分ができていることに意味があると思って頑張りたいと思います。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

こんばんは。
社会と繋がる=働くしかないと言うわけではないと思います。
ただ、なんとなく社会人だと胸張って言いにくいような不安は伝わります…。

気が向いたら、たまに単発や短期のアルバイト等をやってみるのはいかがでしょうか?(と打ってから、既に回答で出ていることに気がつきましたすみません)
ASDの友人がいるのですが、お金が必要になった時だけバイトしているそうです。
また、勝手ながらこの投稿を読んでいて、万が一事故に遭って突然利き腕が使えなくなったりしたら…等と考えてしまい少し心配になったので、もしもの時のために貯金や臨時収入も大事だと思います。

質問者のコメント

返信ありがとうございます。そもそもバイトに受からないことから「僕の何がいけないんだろう、そんなに社会不適合なのか」という不安が沸いてしまっていますね…
結局こういう気持ちになるのは「漫画だけに人生のすべてを捧げて良いのか」と心のどこかで思ってるからだと思います。他のことをしてみたいけどなにをしたらいいかわかりません。

nmc
nmc
さん
nmc
nmcさん

初めまして、こんにちは。
状況は違いますが疎遠にしていた親の遺産が突然転がり込んできて会社辞めてーなー、これからどうしようかなーと思っているところなので親近感を感じてコメントさせていただきます。
ご病気のことを鑑みると無理はしない方がよいと思います。でも社会と繋がっていたいという気持ちもわかります。
短時間で週1、2回の負担が少ないバイトをするとか、ボランティア活動をしてみるのはいかがでしょうか?
もちろん病状が落ち着いていて、時間に余裕がある時だけです。
ボランティアなら『好きなときだけやりたい』といっても融通がきくところが多いと思います。
文章を読んだ限り、モンスターというような印象は受けません。むしろすごく『まとも』だと思います。
ご自分が快適に過ごせることを最優先にされたら良いとおもいます。

質問者のコメント

ありがとうございます。バイト位ならしたいのですが、すでに何度か落ちていて、それによってまた軽く精神が乱れたので、今ある程度安定してる心持が就活で荒れてしまわないか、受かった後も大きなストレスがあったら壊れないかが心配です。主治医とも相談します。

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

創作サークルで他者と協力して作品を発表

それを足場に出版社に営業をかけて連載仕事の算段を作る

学生時代からの先輩などと定期的に連絡をとり、食事もする

とりあえず人並みかそれ以上にソーシャルスキルがあります。自分の創作で会社と個人でやり取りするのはほとんどの人にはできません。
完全に「普通に」会社員をやるよりも個人事業主をやるほうが向いているタイプだと思います。

C
C
さん
C
Cさん

やばい。送ってしまいました。汗

お目汚しすみません。汗

しかも、考えてたら結構難しいなと思い至り、回答も控えさせて頂きます。

ただ結論は決まっており、漫画で経済活動を行う限り社会から断絶などしておらず、立派に関わっていること

あと普通にすごいな、という

全力応援。それでは

C
C
さん
C
Cさん


アスぺ
パワハラ
双極

小さい時から漫画
賞受賞

漫画が描きたいんだ!
絵を描く = 楽しい

同人誌 = 5万
アシスタント = 5万
連載 = ?

障害年金 10万

? 再就職すべき?

? 社会から断絶モンスター?