体内時計的にも倫理的にも「もうそろそろ眠剤飲んで寝ないと,,,

ダメじゃないさん
回答数
3
ダメじゃない
さん

体内時計的にも倫理的にも「もうそろそろ眠剤飲んで寝ないと」となっている。
リズムのために夜更かしはよくない。
しかし、私の中の幼女はゲームをやりたがっている。
そしてこの欲求は、眠剤飲んだら悪化する。

どうせ寝ないなら、まだ飲まずにおくべきか…。

とりあえず、ここ数年間ほぼ毎日のように「今日こそは早く寝る」「早く寝ないと」と決意してもなかなかうまくいかないのは、日中にはないこの内なる感情や欲求のせいだとシラフのうちに気付く。
眠剤のせいだけじゃない。

「なぜ早寝しないといけないのか?」
と聞かれたら、
「明日のため」
「社会人として」
「仕事に支障が出ないように」
「体や病状のためには規則正しい生活リズムを」
「病状を整えるのは、仕事に影響を出さないため」
と出てくると思う。
残念なことに遅寝でもなんとかなってしまっているので、何一つ自分自身のために早寝する理由が見当たらない。

自分のためじゃない。他の何かのため。
我ながら言い訳のようだけど、先生の言うとおり振り返って考えてみると、たぶんこれが夜寝たくない原因の半分だと思う。

睡眠

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

日中は、暑い。部屋にいられないから寛げない。視覚的にも聴覚的にもうるさい。食事等やることがあり、家族からのストレスもある。
これらが夜中には全くないから、日中に活動するより夜活動する方がメリットが大きいんだ。
日中に比べると、圧倒的に夜中の方が快適なんだ。
ある意味、私の無意識の中では自然と効率的なやり方を選んでるのかもしれない。
自分の自由な、時間は最適な環境下で有意義に過ごしたいはずだ。

質問者のコメント

一番最後変なところに句読点打ってしまったなぁ…

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

涼しい。暗い。静か。落ち着く。体質も。
考えれば考えるほど、夜は理にかなってるんだよな…。
かと言って日中外に出たら出たで、人がいなくて静かで落ち着く場所なんてないし。
特に土日なんて図書館も喫茶店も人だらけだし。
知らず知らずのうちに気を使い過ぎてるらしいので、部屋以外で心置きなく落ち着けるのは病院のベッドぐらいだし。

世の中ってものすごく不便だ…。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

いやいや…明るさはどうにもならないとしても、静かな土地でエアコン付きの部屋で一人暮らしすれば、ほとんど解決する話だな。