うつ病で休養していて最近また働き始めたのですが、欠勤や遅,,,

cocteauさん
回答数
2
cocteau
さん

うつ病で休養していて最近また働き始めたのですが、欠勤や遅刻が多くなってしまいます。

そのことについてはあまり罪悪感は抱かないようにしていて、朝起きられないのも、時間通りに動くのが苦手なのも、やりたくない仕事に行くのに足が重いのも仕方のないことだと考えるようにしています。
たとえば会社からの電話になかなか出られない時があったりするのですが、そういう場合も、「自分には外のとの連絡を絶つ時間が必要なんだな」と考えるようにしていて、そのことで自分を責めたりはしません。

ただ、無断欠勤などが続けば解雇される可能性もあるし、この先やっていけるのだろうか、という不安はあるし、どうやって生きていけば良いんだろうという事はよく考えます。

うつ病がまだ治りきっていない(そもそも完治しない病気だという話もありますが)というのはあると思うし、あと診断は無いのですが、わたしは多分ADHDの傾向があって、そもそも勤め人に向いていないのだとも思います。

会社にうつ病のことを話すべきかどうか迷っています。
もし会社側が理解してくれれば、勤怠が崩れがちであることに配慮してもらえる可能性もあると思うからです。ただ同時に、このことを知らせると解雇されるリスクが高まる可能性もあると思っています。

いまは実家暮らしなので、もうしばらく休んでいることが出来ればそれが一番良いのですが、あまり家族と一緒にいたくないので、できるだけ早く生活を安定させて引っ越したいです。
プログラミングができるのでフリーランスとして働くことも考えています。

うつ病から復帰した方や発達障害の方などは、どうやって社会に適応しているのでしょう?
似たような境遇の方などいましたらアドバイスを頂きたいです。

相談 うつ病 発達障害 仕事

回答一覧

ウルスラグナ
ウルスラグナ
さん
ウルスラグナ
ウルスラグナさん

質問お読みしました
まず自己紹介みたいなものですが私も双極性障害II型でADHDです。
双極性障害と診断されるまでずっとうつ病と誤診をされており5年近くを無駄な治療で時間を潰してしまいました。4年前にようやく双極性障害と判明してそこから処方された薬がすごく良く効いて現在は寛解状態です。何と言う薬かは医療従事者ではありませんし期待通りの効果が出ない可能性もありますので申し訳ありませんが伏せさせて頂きます。
さて、双極性障害は何とかなった、でも何かおかしい。と言う事で大学病院で調べてみたらADHDと判明しました。こちらは私の体調に問題があり薬での治療は行なっておりません。
そう言うわけで現在は専らADHD対策に追われています。以上が私の経歴です。
障害と向き合った結果、私は障害を隠さないで働く道を選びました。いわゆるオープンってヤツですね。9年間働いていなかったブランクと錆びついたスキルを元に戻す為に私は「就労移行支援施設」を利用しています。一生のうち、2年間だけ障害者手帳か医者の診断書が有れば利用出来る精神障害者専門の就労支援を行う施設です(ただし幾つかの自治体では1年延長が認められているところもあります)。私は1年間はブランクを埋める為に週3から通い始め生活リズムを元に戻して、そこで行われてカリキュラムとPCスキルを高めて就職に向けて準備を行っています。また担当スタッフと話し合いながらADHDに対していかに取り組んでいくかを二人三脚で対策を立てて頑張っています。
現在はハローワークや就労移行支援施設が紹介してくれる障害者専門の合同面接会に参加したりと盛んに就職活動を行なっております。ただ厳しいですけどね。
就労移行支援施設によっては前にそこから採用した人材が使える人材だったので斡旋して欲しいと逆指名が来る事があります。
貴方がもしまだ働いているのでしたら余り役に立たなかった話かもしれません。もしそうならこんな長文にお付き合いさせてしまい申し訳ありませんでした。
最後にADHD対策に私が利用しているもの一覧を書いておきます
・100均の壁にかけるタイプのホワイトボード。自分の部屋の扉に貼ってあります。必ず目に入るので忘れ物が少なくなります。職場では縦置き式のホワイトボードを置かせてもらえたら捗ると思います。
・LINEのリマインくん。何日の何時に何をするかをあらかじめ伝えておくとその時間になると知らせが来ます。忘れそうなことは全てリマインくんにぶち込んでます
・habitca、ToDoリストです、デスクトップ版は完全日本語版ですがアプリは英語版です。所々は日本語に対応してくれていますが。調べていただければわかりますが育成要素があるので楽しみながらタスクをこなせます。即時性が求められるのでアプリ版をお勧めします。
・クリアファイル(出来れば色付き)多数。1つのタスクに対して必ず1つのファイルに入れます。たとえ一枚しか無い書類でもです。あとで整理するファイルだけは絶対に作ってはいけません。そこに際限なくぶち込む事が多いからです。ファイルが多くなりすぎたらもう要らないファイルを捨てるだけです。
・日常品で使うものは置く場所を決める。必ず目につくところかもしくは経験上、何故か最初に置いた場所以外に置き場所を移動させない。私の場合は効率が良いやと思って移動させると後から探すのに苦労する癖があります。
・荷物を置く時には必ず目に入る所に置く。座席の下とかベンチの下とかに入れておいくとかなりの確率で忘れます。必ず目につく場所に置いて置きましょう。
後は思い出したらまた書いていきます
役に立てば幸いです

質問者のコメント

ありがとうございます。私よりしんどそうな状況ですね…。

クリアファイルのやつは自分も役に立てられそうかなと思いました。
やってみます。

昨日、会社に病気のことを話してしまいました。欠勤が続いていたので、このまま隠すよりはと…。
就労支援施設などは今のところお世話になることはなさそうですが、今後のために頭に入れておきます。ありがとうございます。

あーちゃん
あーちゃん
さん
あーちゃん
あーちゃんさん

内容を読んで似ているところがあったのでコメントしてみます。

私は、抑うつ気分含む適応障害でフルタイムの仕事を一年近く休職後退職し、新しい勤務先で短時間働いています。

働き始めて1,2ヶ月立ちました。時間が短いこともあって遅刻欠席なく働けていましたが、今日初めて休みました。

朝起きると涙が止まらなく不安感に苛まれ動けなくなり、同居人に後押しされ、職場に連絡し休みました。

このまま休みがちになってしまうのかな、と考えてしまいます。病気のこと休職したことがあることを職場にには言っていないので、この投稿を見て解雇のことを考えました。あぁ、そういうこともあるかも、と。

私の仕事は慢性的な人手不足で、出社し一通り仕事をこなすだけで、いるだけで助かるとありがとうと言われます。お世辞かもしれません。役に立つことが嬉しい反面、休んだら迷惑がかかる、期待され失敗できないと自分を追い込んでしまい、耐えきれず今日休みました。お大事に、と淡々と連絡が終わりました。

社会に適合できているか微妙な自分が回答するのは、参考にならないかもしれません。ただ思うに、仕事に行けたときに自分のできることできる範囲で精一杯やる、この積み重ねが、休んでしまったときも次来るときを待ってますと言ってもらえるようになることに繋がる、とそう思います。

書いていて、世の中そんなに甘くないのかも、とそう思ったのですが、それくらい甘い世の中になってほしいな、と思ってこのままお伝えしますね。

わたしは自分を責めてしまい苦しくなることばかりなので、冒頭のように自分の状況や結果を受け止めて仕方のないことだと考えられることは、すごいことで羨ましくもあり、見習いたいです。

全然参考にならずすみません。わたしは明日は仕事に行く気持ちでいます。お互いにできることができたらいいですね。



質問者のコメント

私の場合「自分はそういうふうに出来ているのだから仕方ない」と考えています。誰かに迷惑がかかったりすると申し訳なく感じることはあるんですが、どんなに努力してもできないことはできないし、それは例えば、魚が陸上で呼吸できないのと同じことだなと。

あと、例えば自分以外の誰かが同じような状況になっていたら私はその人を責めないので、ならその優しさを自分にも向けよう、と考えて実践してる感じです。

HOTワード

現在ホットワードはありません