時間割立てるのが苦手です。 やることが多すぎてフリーズし,,,

けてすたさん
回答数
2
けてすた
さん

時間割立てるのが苦手です。
やることが多すぎてフリーズしてしまいます。
履修指導で目の前の先生がしゃべっている間も、
TOEICうんぬん以降、
頭が真っ白になって、メモも取らず耳にも入ってきませんでした。
「TOEICやだなぁ」といった些細なことが引っかかってしまって・・・。
こうやって書いていくうちに悩みを人に伝えやすくできたらと思います。
ちなみに大学生です。
発達障害なんでしょうか。病院でもうまくしゃべれず、行くのをやめてしまいます。
とにかく同じ悩みを抱えている人を助ける側に回りたいです。
大学で時間割を立てるのが苦手な人とか、フリーズする人。
そうした、生活に難を抱える人たちで徒党を組んで、
社会に居場所をつくりたいです。起業とか法人とかはわかりません。
何を書きたいのかわかりません。本当にシングルタスク。
目や頭がぐるぐるします。これで終わります。

つぶやき

回答一覧

ウルスラグナ
ウルスラグナ
さん
ウルスラグナ
ウルスラグナさん

質問お読みいたしました
私も時間割を作るのが壊滅的に下手くそでADHDです。
まず最初にADHDかどうか自己判断せずに病院で検査を受けてみて下さい。あと病院には通われるべきでしょう。症状がうまく伝えられないなら紙に書いて渡すと効果的です。自分自身の悩みを紙に書き出すことは医者に自分の悩みを打ち明けると同時に自分自身の振り返りとして大変有効です。無意識のうちに苦しんでいた事なども掘り下げられます。
以下はADHDの私が立てている対策の話になります。多分参考になる部分もあるのでは無いかと思います。
話が頭に入ってこないと言うのはよくある事です。指示を受けている最中ですら途中から「なんの話だっけ?」ってなる事もあります。メモを取るという方法ありますが人によってはメモを取るのに集中してしまい話の内容が頭に入ってこない事もあります。そこでボイスレコーダーの出番です。ボイスレコーダーに指示を録音しておき後から書き直して自分が理解できるまで聴き返します。
マルチタスクの件ですがADHDは本当にシングルタスクしか出来ない人が多いです。その割には飽き性です。ですので常に3つぐらいタスクを用意して飽きたらこれをやろうと回して行く事で擬似的にマルチタスクを行う事ができるようになります
スケジュールの作り方ですが私は以下の3点で対応しています
・ルーチン化する(何も考えず決まった時間になったら決まった事をする様に行動する)
私はMOSのExcelとWordと秘書技能検定2級を独学で取りましたがこの時間になったら勉強するとルーチン化して取り組み続けました。
・ToDoリストを作る。スマホをお持ちならhabitcaと言うスマホアプリがお勧めです。私も使っています。デスクトップ版は完全日本語ですかアプリ版は英語版です。即時性が求められますのでアプリ版をお勧めします。アプリ版も多少は日本語化されているところもありますが。調べればWikiなどで解説されているのでそれ程使いこなすのに困難は無いと思います。このhabitcaの面白い点は育成RPGと言う側面を持っている点です。タスクをこなさないとダメージをくらいタスクをこなすとお金や経験値が手に入るのである程度ダメージを食らったらポーションを買ってダメージを回復させましょう。レベルもありますし装備品やクエストなどもあります。私は魔術師を選んでボスに火の玉を投げつけている毎日です(笑)。パーティを組むとクエストのボス戦では他の人がタスクをサボった場合でもパーティ全員にダメージが来ます。ですのでパーティを組んでボス戦に挑むと嫌でもタスクをこなすように注意を払えるので楽しいです。興味を持たれたらお使い下さい。
・リマインくん。LINEでリマインダーの役割をしてくれます。忘れそうな事はそれを書き込むとじゃあ何時に教える?と返答が来るので何日の何時までと指定するとその時間に返信がやって来るシステムです。私は忘れそうな事は全てリマインくんにぶち込んでおきます。
リマインくん入手先
http://remine.akira108.com/
さて最期の居場所作りですがこれに関しは私も頭を悩ませているところです。私の話ですが私はADHDの他に双極性障害II型(躁鬱病)を患っており障害者として就労に向けて施設でトレーニングを受けている最中です。そこで障害者の為に懸命に働くスタッフさんを見て福祉の仕事で私のように困っている人を助けたい仕事に就きたいのうになりました。しかし調べると現実はあまり甘くありません。普通の四年制大学を卒業しているので1年間福祉系の大学に通えば、社会福祉士と精神保健福祉士の資格が取れます。しかしこの2つはあくまで行政の立場から支援をするのが目的であり直接寄り添える立場にはありません。また社会福祉士はどちらかと言えば介護色が強く就職しても普通に介護職しか出来ないケースが多いです。精神保健福祉士はどちらかと言うと病院寄りです。こちらは医者>看護師>精神保健福祉士とヒエラルキーが決まっている事が多く雑用係としての役割が多いでしょう。また資格より経験が求められる分野です。どこの求人でも条件がいいところは福祉分野での就労経験が5年以上という所がザラです。私が通っていない就労移行支援施設の求人を見たことがありますが精神保健福祉士+実務経歴5年以上となっております。ですのでカウンセリングの資格を取ろうかと考えています。カウンセリングの資格ですと、スクールカウンセリングや産業カウンセリング、臨床心理士などがかなり魅力的ですが資格取得のための条件のハードルが高すぎます。医者であったり福祉系の大学を卒業して大学院に進む事で受験資格取得と言うのは私の様な歳の人間には到底不可能です。現実は厳しい。
なので民間のカウンセリングの資格を取ろうかと思っていますがそもそもカウンセラーは数が足りています。と言うか余っています。食っていくのはまず難しい職業の1つでしょう。ただまぁ、これが私の1番の理想的な障害や悩みを抱えている人達との関わり合い方なのですが。
従いまして、ADHDなどの発達障害の方や日々に息苦しさを感じている人達が集まって何か出来ることを探すのでしたら思い切ってNPO法人を打ち立ててみるのも手かもしれないなぁと思っている所です。今はまだ漠然と考えているだけなのでどうしようか悩んでる最中ですが。
少しは参考になりましたでしょうか?

REEN
REEN
さん
REEN
REENさん

私も予定を立てたり段取りをつける事が苦手です。
マルチタスクも苦手で、集中すると周りが見えなくなるタイプです。
ASDかと思って検査したのですが、該当しませんでした。
なにか複数の予定やタスクがあると気になってストレスになってしまいます。
予定を忘れたり時刻を調整できなくて遅刻することがあります。
直ることは多分ないのでしょうね。
こういった特性はなにか名前がついていたりするのでしょうかね