妻の父は若い頃からずっと酒ばかり飲んでいたらしい。大人に,,,

あなたでいいのださん
回答数
1
あなたでいいのだ
さん

妻の父は若い頃からずっと酒ばかり飲んでいたらしい。大人になったら働かなくていいんだーと思うくらい、飲んで妻を叱りつけていたらしい。
今、70を超えてそんな生活がたたり、肝硬変になった。嫌がる義父を何とか説得して、入院、手術をさせた。介護保険をしながら自宅で療養していた。
先日病院に呼ばれた。妻は重病の告知を覚悟したらしい。ガンが見つかった、とのことだった。でも、それはとても小さいから、治療の方法を考えていきましょう、とのことだった。思ったより軽かった、と妻も義父も胸をなでおろした。
その後、あれだけ生きたくない、と言ってた義父は、車から降りて店に自分で杖をついて歩いて入って行ったそうだ。いつもなら車イスのところを。何とか頑張って生きたい、と言っていたらしい。

そんな最中だった。
私が仕事のストレスを爆発させ、死にたいと家で暴れたのは。
義父の話を聞いて、なんとも言えない気持ちになった。
死が近いことを意識すると、人は生きたいと願うらしい。

私はまだ、積極的に生きようという気にはなれないが。

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

たぶん、不意打ちでダンプカーが突っ込んできたら体は受け身を取るでしょうし、生きようとするんだと思いますよ。
実際、私の通院している病院では、東日本大震災の時に一時的によくなった患者が増えたと聞きました。
病気やガンか、事故か、災害か、そう言う違いだと思います。