上手く言葉に出来ていない気がしますが、あまりに辛いので投,,,

れなさん
回答数
4
れな
さん

上手く言葉に出来ていない気がしますが、あまりに辛いので投稿させていただきます。
今すごく辛いです、泣くつもりはなくても涙が出てきます。
一言で言うなら、どうして自分に人を好きになれる、愛せるって思ってしまったんだろう、って感じです。

わたしは生まれたときは女性で好きになるのも女性の同性愛者なのですが、自分の性自認は自分は女性ではないと思っているちょっと変わった者です。
男性になりたいわけではないのですが、どちらかといえば男性として見られたい、扱ってほしいと思っています。

それでなんですが、近年LGBT等が話題になることが多くて、自分もそれで、自分もそうだったんだ!みたいな感じで非常に心が楽になった面もあるのですが、やはり同時に苦しいんです。
どういうことかというと、自分にもし好きな人や恋人が出来たときに、その人を自分は女性として見てほしいのか、男性として見てほしいのかがわからないんです。同時に自分は女性としてその人を好きなのか、男性として好きなのかもわからないんです。
こんな自分じゃいずれ嫌われてしまうだろうと思い、どうして自分に恋愛が出来るなんて思ってしまったんだろう、と考えてしまい非常に苦しいです。

誰でも、友達にはこう見られたいし、こう扱ってほしいけど、恋人にはそれとは違う風に見てほしいとかあると思うし、その相手によってくると思うのですが、あまりに自分に自信が持てな過ぎて辛いです。
はっきり自分のなかで決めることでもないかもしれませんが、なにかご意見をいただきたいです。

LGBT

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

こんばんは。
投稿を読む限り、FtM寄りのトランスジェンダーもしくはXジェンダーでガイノロマンティックなのだと思います。(もし違っていたらすみません。また、性的な部分は書いてないので性的指向はわかりませんでした)
性自認が女性でないならば、同性愛と呼ぶのには違和感がある気がします…。

友人に寂しがり屋で気の多い性同一性障害(FtM)の方がいるのですが、寂しい余りビアン・バイ向けのマッチングサイトへ登録して、ややこしいことになってた話を思い出しました。
そのマッチングサイトへ登録するユーザーは、身も心も女性を求める、身も心も女性が多かったからです。
友人は中身は完全に男性、身体は女性(見た目は中性的ですが、何もいじってないので)なので、そこで需要と供給が合致しない部分が出てきてしまったんですね。
しまいにゃ運営から凍結されたりしてました。
なんとか抗議して解いてもらったようですが…。

友人には歴代の彼女がいますし、一人の男性に対して結婚願望を抱いたこともあるようなので(その時は同性として、つまりゲイとして好きになったそうです)、限りなくヘテロに近いバイなのかもしれませんね…。
複雑な話でしたがなかなか興味深い話題で、当時は恋愛相談に乗っていました。

回答としては、好きな人や恋人ができた時に初めて結論が出るんじゃないかな、と思いました。
と言うか変化する可能性のあるものですし、そもそも結論はいらないのかもしれません。
恋愛ができないことなんてないと思いますし、相手にちゃんと理解されていれば、それが原因で嫌われることもないと思います。
要は、男性であるれなさんを好きになってもらうとか、女性であるれなさんを好きになってもらうとかではなく、れなさん自身を好きになってもらえればいいのです。
上記の友人の歴代彼女だって、相手がもともと同性愛者やバイじゃないからこそ、何年も長く付き合って上手くいってたんじゃないかなと思います。(今はフリーですが)

友人曰く、頭で考え過ぎず、感じるままでいいそうですよ。
虹と呼ばれるぐらいなんですから、境界線は曖昧でいいのだと思います。
かく言う私は過去に女性を好きになったことがありますし(好き過ぎて近寄れず片思いで終わりました)、グラビア等見ても男性より女性側に性的な魅力を感じますが、基本的には限りなくヘテロ寄りのバイだと思います。

…性別や性的指向、恋愛的指向の話云々以前に、とても情緒不安定なのを感じました。
もう少し楽観的に、ゆるく物事を捉えられるようになったらいいですね。
この通り世の中には色んな人がいるので、少しでも勇気を持って、ゆっくり休んで下さい。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
はい、自分はどちらかといえば男性よりの人間だと思っているので、同性愛者というのも違和感がありますが、(自分でも違うのですが)LGBT専門の悩み相談じゃない&LGBTについてあまり知らない方のご意見もききたかったのでわかりやすくするためにあえてそういうことにしました。
わかりにくくてごめんなさい。
文字数が足りないので別に書きます。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

相手にどう見られたい、どう扱われたい。。。

こういうのって性別関係なく、「相手によって」いろいろ違ってくるように 、私は思います。

この人からはこう見られたいけど、この人からはこう見られたい、、、相性っていうのか、お相手と自分の「持ち合わせている特質」によって、間に醸されていく関係性って変わるんですよね。
関係性が変われば、当然、必要とするモノ、期待できるモノ、、、等々が違ってきます。

なので。
性役割とかといった型にはまっているかどうか?より、自分が「人格としてどういう特質を持っているのか?」 をよく自己分析して、いろんな出逢いによって接してゆく人々と「人として」関係性を深めていく、というところに焦点をあてていかれた方が、単なる恋愛という一時的な人間関係ではなく、共に人生を歩んでいく“パートナー”が見つかるのではないでしょうか?

性的な部分を重視する方もいらっしゃいますが、長いお付き合いをするのに最も必要とされることは、心地よく時空を共有できるか?じゃないかなぁ?って、五十歳になってつくづく思います。
性なんて、生きていく上でそれほど出る幕ないですよ。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
そうですね、その人がどんな人間であるかって性別関係ないですよね。
人のことを本当に理解するのに性別なんてそんな大事なことじゃないですもんね。
どんな人間関係であれ、一緒にいて居心地がいい人ってかなり重要だけど、性別で選んだりもしないですもんね。少し自信が持てました。
回答ありがとうございました!

れな
れな
さん
れな
れなさん

回答の続きです。

そうですね、虹みたいに境界線を決める必要もないですよね。
やはり自分が一番、こうでないといけないとか、こうあるべきだと考えてしまっている面も大きいなあって思います。

はい、精神の面でかなり不安定なのでもう少し安定しないとです。
自分を休ませてあげたいです。
回答ありがとうございました!

めんへらーZ
めんへらーZ
さん
めんへらーZ
めんへらーZさん

文面から、お相手はいらっしゃらないと思ったのですが、もしいらっしゃったらすみません。

相手がいないうちから、いろいろ考えるとしんどいだけだと思いますよ。

相手が見つかれば、その相手からどのように見られたいのか、どのように扱われたいのか、は性別関係なく分かってくるように感じます。

そこではじめて、その相手と話し合って、方向性を決めていくのがいいのではないでしょうか。

今できることは、なるべく考えないようにすることです。
つらいでしょうが、頭に浮かんできても、なるべく端に置いておくようにします。
心の中の鍵のついた引き出しにしまっておいて、相手ができたときにはじめて鍵を開けてあげてください。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
はい、自分自身のメンヘラ的な部分が大きくて今は別れてしまいました…
そうですね、今はつい急いでしまいますけど、なるべく考えすぎないようにするしかないですよね。
何事もそうできたら良いんですけど、長年それが出来なくて困ってます…
なので、まず自分の感情を客観的に見つめてみることからかな、って思います。
回答ありがとうございました!