私は現在、メンクリに通っています。 ですが主治医はあま,,,

artaro3さん
回答数
4
artaro3
さん

私は現在、メンクリに通っています。

ですが主治医はあまり、病名にこだわりがないようで病名はついてません。主治医が言うには病名はないけど病気ではあるとのことです。
普段は主治医はの考え方に賛同して納得している時もあるのですが、時折病名がないことに苦しさを感じる時があります。具体的に言うと、病名がついてないってことは主治医は病気だと言ってくださってるけど患者確保やお金の為で本当は病気ではなく自分のただの甘えではないのではないだろうか?や、病名がない現状、薬以外の治療法がなく病気の改善の為に何をしたらいいから分からないが病名がつけば治療の方針が自分の中で今よりは見えて治療の為にこういう風にしたらいいということや病気との向き合い方が見えてくるのではないか?etc..考えます。
ですが病名がつくとそれはそれで苦しくなることもあるのかなと周りのメンヘラの方の話やメンヘラ.JPの記事を読んで思うこともあります。


病名のついている皆さんは病名がついて良かったこと、逆に苦しいことなどありますか?よければ教えてください。


乱文長文になりましたがここまで読んで下さりありがとうございます。

病名 病気 メンクリ

回答一覧

カラメルシロップ
カラメルシロップ
さん
カラメルシロップ
カラメルシロップさん

かなり難しい専門用語なのですが「操作的診断法」というものがあって、
ある病名をつける→ある病気によく効くとされる投薬などをする→ある病気についての特定の方法で経過をみる→特定の方法で治療の状態をみる→評価して最初に戻る
という繰り返しをするのが10数年ほど前の標準的な治療でした。これは今ではほとんど行われておらず、現在は「病名というのは方針や見立てのひとつである」というように考えられています。そのため、決まった病名をつけることの意味合いというものも必要ないと考える医師が増えました。
これは、精神科治療薬として使える薬が色々あるということが分かってきたためです(ひとつの薬が、うつ病の薬にも不眠症の薬にも鎮静剤にも使える、など)。そのため、あえて枠組みを作ってしまうより、色々な治療を一緒に試してみよう、という考え方が一般的なものになっています。なので、病名をあえてつける意味はあまりないわけです。
僕は手帳交付などのためにADHD、うつ病、てんかんの診断名がついていますが、過去の診断名を合わせると30くらいは診断名がついているので、もう覚えていないです。
もし診断名をつけてほしいなら、医師にこのように悩んでいるので見立てとして診断名をつけて!と言ってみてはどうでしょうか。

110_TakahiroIto
110_TakahiroIto
さん
110_TakahiroIto
110_TakahiroItoさん

相談内容を拝見しました。

自立支援等の申請で
診断書が必要な段階以外では、
特に病名にこだわる必要は、
無いようにわたしは思っています。

病名がついて苦しいこととしては、
自分の病に関して、
批判的の見解を読んだりすると、
イライラしたり悲しくなることはあります。

病名がわかって、
良かったこととしては、
自分の診断書を自分で読んだことが
あるのですが、それは凄く勉強になりました。

何かしらのご参考になりましたら幸いです。

さよ
さよ
さん
さよ
さよさん

相談内容を拝読しました。

私も昔、病名にすごく拘っていました。
病名がないと病気じゃないんじゃ……と思っていましたし、他人にも言いづらくて後ろめたく思っていました。
今もざっくりとした病名しか告げられていないので、些細な違いが気になって仕方ありません。
「メンヘラ」のカテゴリにも入りづらい気がします。それが苦しいことです。
でも、病名がどうであれ私がこうだということは変わらないのだと思うようになりました。それは、良かったことだと思います。

ユーザー343
ユーザー343
さん
ユーザー343
ユーザー343さん

最近のお医者さんは、病名を付けない事が多いです。

一度病名を告げると、病名が間違っていた場合、自分はそうなんじゃないかと思い込みが強くなって、症状が悪化したりします。
精神に関する病名は、多岐にわたっていて複雑に問題が絡んでいるから、簡単には下せないのです。

どこまでが本来の個性(考え方の癖)か、どこまでが病気の影響かは、沢山話たりやりとしして判断するしかないからです。

とはいえ、自分が何なのかわからないと対処しようがないのも確かなんですよね…。
セカンドオピニオンって言って、今通っている医者の他にもう一つ医療機関を見つけて、同時並行で判断してもらってはいかがでしょうか。
最近知れ渡っているので、大抵の先生は引き受けてくれます。
(中にはダメって言う先生も居る)

主治医の治療方針や薬が正しいかどうかを、もうひとりの先生に判断してもらうんです。

病名がわかると、やっと判ったと言う安心感と、あぁやっぱり自分は普通じゃないんだと言うがっかり感が生まれますよ。
判ったことで生き辛さの苦しみの原因が判って楽になるし、
判ったことで病人や障害者として生きなきゃいけない・対処しなきゃいけない大変さがあるので
どっちもどっちだったかな。強いて言うなら、知らないより知って経験してよかったことでしょうか。