風邪気味なのに、面倒な求人応募者の電話対応で消耗してしま,,,

ダメじゃないさん
回答数
1
ダメじゃない
さん

風邪気味なのに、面倒な求人応募者の電話対応で消耗してしまったので、吐かせて下さい。

前々から風邪気味で、ついに昨日「あ、やばい」となったので、昨夜は約5時間で葛根湯ドリンク3本飲み切る裏技(自己責任で約2時間起きに一本、お湯割りで)を試して飲み、今朝は風邪に効くツボ大椎辺りにホッカイロを貼り(母親に手伝ってもらったので激しく感謝しました)、朝食時ははちみつシナモンミルクティーを飲み、水筒にははちみつストレートティーを入れて持ってきました。
殺菌と体を温める食材でシナモンとはちみつです…。

葛根湯のせいか眠気が来なくて早寝はできませんでしたが、風邪に対してできる範囲で自己対処しまくりです。
おかげで通勤時に少し急いだら、すぐ汗だくになったので着替えました。
寒い風邪の引き始めだけど、どうしても休めなくて困った時に自己責任で試してみて下さい。(急ぐ以外で)

ここまで打った時点で、消耗してかかっていたストレスが、なぜか少し軽減されてしまった。


ダメじゃないさんの職場では、決まった資格数種類、全てをお持ちの方でないと基本的にごめんなさいです。(あとは年齢や職歴によります)
自分のできることを長々と語らなくても、「この資格を持ってる」と言う事実だけで、それだけの力量があると示すのが資格と言うものだと認識しています。

で、
「申請すればいつでももらえるけど、面倒だからこの資格持ってないんだよね、申請すれば今でももらえるし、それだけの仕事してきて管理職について下にも教えてきたんだけどさ、【日本を代表する有名な社名】で」
と仰るタイプの方に、専門的な知識を語られ続けたわけです…延々と…。
「技術面やその他実務経歴でも大変素晴らしい実力をお持ちなことはとてもよくわかったのですが、私では専門的な知識はわかり兼ねますので、担当の者との電話でぜひ…」
と言うような対応を何度かしましたが、
「事務屋さんがこっちの専門的なことわからないのはわかってるよw」
と言いながら続け、なかなか引き下がってくれず。
いやわかんないのわかってんなら最初から語るなよ、黙れよ、と。きつい言い方ですが、そのレベルでした。
パンクしそうになって、実際に頭を抱えて対応してました。
隣の席の上司が気付いて、苦笑いしてました。
もしあの場に人事の上司がいたら、助けてくれたと思います。(今日はお休みでした)

「ええ、わかりました!素晴らしい実力があることは私がしっかり担当の者に伝えておきますので、お任せ下さい!!では戻り次第すぐ連絡させますので…」
と言って何とか終わりましたが…隣の上司に引き続き小さく笑われながら、
「面倒な人だったね。俺スゲー!!みたいな?(笑)「任せて」とかは期待させてしまうから、言わないほうがいいと思うよ」
とか色々教えてもらいました。


これから求人に応募する皆さん、そう言うアピールはどうぞ面接時または担当の者に直接お願いします。
電話取った人に言われてもお互いわからない場合があるので時間の無駄ですし、いくらアピールされても私は採用できません。
それを言わずともわかるのが資格なので、資格取れるなら面倒くさがらず資格用意して下さい。応募に必要なものですから、当たり前ですね。



その後、年齢制限で書類審査すら落とされて、部長から渾身の「ごめんなさい」をされてましたとさ。
あー疲れた…

風邪 ライフハック 愚痴

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

今回のは資格あったとしても、年齢と労働条件で落とされてたんだけどね…

HOTワード

現在ホットワードはありません