キャラを強化してしまったり、自分に対してぶりっ子する自分,,,

ユーザー9600さん
回答数
2
ユーザー9600
さん

キャラを強化してしまったり、自分に対してぶりっ子する自分が嫌い。この悪癖を辞めたい。

自分で自分の感情についていけません。分かりづらかったらすみません。自分では特殊な感情だと思っているのですが、理解してくれる人はいるのでしょうか。それとも、よくあることなのでしょうか。

私には、「他人からこう見られているだろうという役割を演じてしまう」という悪癖があります。
他人から「真面目そう」と思われている人が、普段の自分以上に真面目さを出してしまうことは、よくあると思います。それに近いのですが、私の場合、「ダメな奴」を演じてしまいます。もちろん、私自身仕事等でスキルアップしたいという気持ちはありますし、ダメな奴が(その場限りなら楽できたとしても)長期的に決して得策ではないことも分かっています。なのに、周囲から「こいつダメたな」と思われているのではないか?と思うと(実際気のせいではなく、本当にそう思われていることが多いのですが)、何故かダメアピールをしてしまいます。自分でも良くないと分かっているのですが、何故かそう振る舞ってしまいます。当然、周囲は冷たくなります。

自分に対してのぶりっ子については、この謎の行動と重なるのですが……。
自業自得だということは分かっているのに、自分に対して一生懸命良い子アピールをしてしまいます。普通ぶりっ子は他人にするものなのに。周囲に対して一生懸命さや真面目さをアピールできずダメな奴として振る舞い、自分に対して良い子アピールしてしまいます。いっそ開き直ってクズとして生きればいいのかもしれませんが、それができません。

自分で自分の心理が謎ですし、辞めたいのですが、この文章で伝わるでしょうか?
もし、似た経験をした方や、原因・対策を考えついた方からコメント頂けたら嬉しいです。自分ではどうしようもなくて、困っています。

人間関係 心理

回答一覧

ユーザー6948
ユーザー6948
さん
ユーザー6948
ユーザー6948さん

似たようなことをしてきました。

友人たちの前ではできない人間としてふるまい、いじられキャラとして演じてきました。
また、己の弱者としての立場を利用し、「こんなにつらいんだから優しくして!」と、暴力的な言動や行動をおこしたこともあります。

私の場合、そうやって自分を歪め、周囲の人間に合わせるほうが楽だからです。本当の自分を見つめずにすむので、楽なんですよね。
あくまで私の場合ですが、原因としては、人から拒絶されるのが怖いからかな、と思います。

対策としては、『楽をしない』『本当にやらなきゃならないことから逃げない』でしょうか。

クズだからではなく、そのままの自分を認められない+認めたくない+認めてほしい、が合わさっているだけだと考え、今は他者に対して偽ることをやめようとしています。

認められない自分でも大丈夫だと言い聞かせ、自分を偽らず、なるべく素直でいようと思い、日々を過ごしています。
なにか参考になれば幸いです。

質問者のコメント

渡橋さん、コメントありがとうございます。
似た経験を持つ方がいて、ホッとしました。
「いじられキャラ」の話で思い出したのですが、私もピエロを演じてしまうことがありました。わざとらしい言動をしていました……。

自分で自分の行動原理が謎だったのですが、ある種の「楽さ」があったのですね。「好きにしていい」と言われると困る人間です。

常に意識して、その都度治していくしかないですね。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

該当するかわかりませんが。。。

アダルトチルドレン(AC) という概念はご存じでしょうか?
病気ではないのですが、機能不全家族。。。親が十分な役割を果たせない家族、のもとで子どもが育てられた場合に、大人になるにつれて、生きる上での情緒的なメンタルの不具合が出てくる人たちのことをそう分類するな方法があります。

幾つかの型がありますがその中に「ピエロ」というものもあります。家族のなかでおどけてみせることでサンドバッグになることでガス抜きの役割をしてきた子どもがそのようになる傾向があるそうです。

原因や状態や対策など、詳しくは、ネットでもいろんなところにか書かれているので、ご興味がありましたらそちらをご参照ください。

質問者のコメント

まめさん、コメントありがとうございます。実は、ACについてはかなり前に自分でもそうではないかと思いつつ、「うちはそんなに大変じゃないし」とスルーしていました……。
他の人から見てそういうふうに見えるということは、やはり傾向があるのかもしれません。自分でも、「演じている」という感覚があります。端から見れば、ただのわがままや気まぐれに見えるでしょうが……。
調べてみようと思います。