初めて投稿します。たった今怒り絶望に囚われています。客観,,,

Cさん
回答数
2
C
さん

初めて投稿します。たった今怒り絶望に囚われています。客観的な助言がほしいです。
(後記:非常に長くなってしまいました…長文注意です)

高校の時から知り合いだった友人Aがいます。お互いバンドをしていました。一緒のグループでしたり、別々にしたりしていました。

卒業後、2人とも音楽活動がしたくて進学せずフリーター生活に入りました。しかし、私の方は1年ほどで持病のアトピーが再発、悪化し、とても活動どころじゃなくなり、家族に押し切られ実家に戻りました。

実家に戻ってからもアトピーはひどく、強い薬に頼りながらの生活に入りました。それから身動きがとれない分、通信制で大学へ行ってはどうかと父親に勧められるようになりました(父は教授になりたいと思うほどアカデミズムが強い人間です)。何度も断ったのですが、1ヶ月ごとくらいにまるで今生の願いのように頼まれることが続き、結局音楽に関係のある学部に入学することを半ば諦めた気持ちで受け入れました。

その時が20歳ほど、そして今27歳でまだ通信課程が終わらず苦労しています(音楽の実践的な科目は面白いが、それ以外は苦痛に感じています)。引きこもっているわけではなく、週に2日割りのいいバイトをしています。
私の意思(私は病気が落ち着き次第、また活動がしたいと思っていました)をはじめ、学ぶ中身やその先について考えずとにかく大学へ送り込んだような父との関係もなかなか微妙なのですが、今回の投稿は友人Aとの関係についてです。

私が病気や学校で手をこまねいている間も、Aは活動を積極的にし、成功とは程遠いものの、いろんな経験をしていました。
そんな彼を羨ましく感じながら、よく録音や作業を手伝ったり、学んだ知識面でアドバイスしたりと、それなりに均衡の取れた付き合いをしていました。しかし、共同で何かしようとするといつもケンカになっていました。それは、自分で言うと疑わしいですが、私の方が音楽的にはセンスがいい部分が多く、彼に分があるのは歌の上手さくらいだったことがあるんだと思います。彼といると有能感を感じていたし、嫉妬されている部分があると薄々は思っていましたが、表面上はいつも同等に付き合っていました。

さらに人物を増やして申し訳ないのですが、学生生活に入ってしばらくして、学校ともAとも全く関係ない広がりでできた人間関係において、私はかなり手痛い体験をしました。
簡単にいえば、1年いかないほど付き合っていた彼女に仲間内で浮気され、しかしその後その彼女を奪った男が彼女のストーカーとなり、男がライングループであることないこと言い、かき乱して大変なことになった、という話です。そのことがあって、私も皆に誤解されたのかしていないのか、ごちゃごちゃになり、半ば自主退職的にグループを離れることにしました。これは間違いだったと思っています。
その後から、私はその経験の追体験をするようになり、妄想が増え、最初のうちは頻繁に泣いており、泣く頻度が徐々に開き、泣くことはなくなった時には、前より被害者気質の人間に近づきましたし、怒りに囚われています。

そのことがあってからも、私は時々Aに会っていました。よく私は落ち込んでおり、自省的な話を聞いてもらうようなことが多くなりました。感情的になることもありました。彼は私の話に耳を傾けてくれましたが、あまり親身な返答や対話はしてくれませんでした。きっと、彼は強い私のイメージが強いので、一時の感情に振り回されているようで嫌だったのだと思います。それでも音楽についての力関係は以前と変わらず、対等を保っていたのですが、私は精神的に彼をあてにしていたこともあり、彼は前より距離を取る振る舞いが多くなりました。そして、機材を使いたいだとか、何か教えてほしいだとか、用事がある時だけ連絡してくるようになり、私は彼にとって自分がただの手段となっているように感じたり、不安定な人間のように扱われたりすることに、いつも少し傷ついていました。感情的にはなっても、私はいつでも論理的には話せるつもりだったからです。

この関係性が大きく変わるのは2年半ほど前です。私とAの共通の知人である先輩がおり、その人はプロ手前ほどの腕前のギタリストで、個人楽器屋のギター教室を任されていました。しかし、結婚を機に仕事を変えることにし、ギター教室の後任としてAに話を持ちかけたのです。Aは音楽活動も日の目を見ることはなさそうなこともあり、引き受けることになりました。正直、ギターを教えるほどの技術はないのですが、成り立っているようです。

ギター教室の講師という、具体的な形が現れたことにより、Aは自分で気づいていたかは知りませんが、以前よりも高圧的に接するようになっていました。私は、彼がギター講師になり、これから音楽的に自分よりすごくなることになんの抵抗もなく、嬉しく感じていました。音楽的には下になっても、人として尊重されているなら何の問題もなかったのです。しかし、彼は人として上に立つ気でいるんだと私は感じました。彼がギター講師になり数回目会った時に、私は感情的になって客観性のない批判をしてしまいました。「お前は否定されるとすぐ怒る」「いつも無理して合わせてやってた」などです。その時も、反論はいくらでも受け入れるつもりでした。しかし、彼は黙り込んでしまい、そのまま別れました。

後から、批判のポイントが子供じみていたことをとても悔やみました。これではまるで嫉妬をしてしまったような言い方だと。彼の進展に、嫉妬心がなかったわけではありませんが、私の本心はもっと違っていたこともあり、そのあともずっと引きずりました。

数ヶ月たち、感情的になったことを謝る電話をしました。しかし、微妙な空気でした。彼には、おそらく以前から私が傷つく思いをしていたことを知らない分、単に嫉妬で寝返った浅はかなヤツと写ったと思います。

そのあとしばらくして、彼は作った曲をsnsにアップしていました。その歌詞は、これは私のことではないか?という表現がありました。もちろん肯定的ではなく、こういう(くだらない)人がいる、というような言い回しです。例えば、「刺激的な恋は身を滅ぼすよ」「心中お察しするけど 一度で話せない」「そんなことどうでもいいだろ」など。

それからまた1年ほどたち、最近私はAに会いに行きました。健康や環境は大きく変わらないものの、私もまた新しい経験が多々あり、前より調子を取り戻してきていると感じていたので、今なら会っても大丈夫だろうと思ったのです。正直、時間が経って、今までの経緯は自分の中で影を薄めていました。

Aも、快く迎えてくれました。最初はお互いいい年になり、今までのことをリセットしたように話せていました。しかし、音楽の話をしだすと、以前の関係性に2人が戻ってしまったような感覚になりました。私も誰かと音楽の話をするのは久しぶりで嬉しかったので、これは少し変だと思いながらも、話すぎている節がありました。そして彼も前のように距離感を出し始めました。結局、その空気を変えられないまま帰りました。

私が帰ったあとすぐの時間に、彼はツイッターで「純粋な人ってすごいよな」といった発言をしました。私は、それが私のことを皮肉っているように感じられ、それは私のことなのかとラインで聞きました。彼は違うの一点張りでしたが、距離を置いた言い方でした。

悩みましたが、違うのならと思い、数日置いて、また会えないかといったことを試しに送りました。
返事はそっけなさそのものでした。もちろん、忙しいので会えない、ということでした。

そして先日彼はまた作った曲のワンフレーズをsnsにアップしました。その歌詞も、私は不快でした。

「君はクレイジー 谷底へ真っ逆さま」

といったものです。これが私のことかはわかりません。如何様にも解釈できます。しかし、タイミングや彼をよく知るからこそ、私のことなんだと直感せずにはいられません。

もし故意のそっけなさや歌詞でなくとも、無関心ならそれはそれでもっと辛いです。

なんとなく、もうちゃんと話す機会を作ることも困難なんだと思います。

彼に真意をわかってもらえないこと、同意形成ができないこと、尊重されないまま関係が終わること、結局、悔しいです。

私は人には好かれても友達がほぼいないタイプです。それも今は世間一般的に見て私の身の上はかなり厳しい状況にはなってきています。そんな中でこそ、友人に価値を認められることは大きな意味があると思うのですが、その友人に世間以上に手痛い仕打ちをくらってしまったような気持ちです。

長文すぎて、どうまとめたらいいのかわからなくなってしまいました。これでもかなり端折って書いたので、矛盾も生じていると思います。客観的な意見を頂けると嬉しいですが、投稿させていただけるだけでも、救いになります。

相談 友人関係 被害妄想

回答一覧

kemepico
kemepico
さん
kemepico
kemepicoさん

第三者として客観的に書きますね。

あなたとそのお友達とは相性がよくありませんね。
縁を切って、SNSも見ないようにするのが一番です。
その方がお互い幸せになれますよ。
どちらが良い悪い、上か下か、ではなくて、単純に合わないのです。
相性が良ければ、お互いにそこまで気を使わなくても自然と良い関係でいられます。

あなたはそのお友達に対して強い執着があるのでしょう。
それを断ち切るのは難しくとてもつらいと思いますが、断った方が良いです。
最初はつらくても時間が癒やしてくれますよ。
私も身内や親しかった友との縁を切りました。

あと、自分がしたくない勉強はきっぱりやめた方が良いです。
(子どものうちは別ですが)
お父様のいいなりになるのもやめた方がいいです。

自分の人生、あなたの好きな物、あなたが幸せを感じるもので満たして下さい。
人生が変わりますよ。
私は40でそれに気づきました。今は毎日楽しいです。
27歳、まだまだお若くてうらやましいです。

質問者のコメント

ご返答ありがとうございます。
彼のことを相談するのは初めてで、そして客観的にも縁を切るべきとの答えでした。フラつく気持ちに中心を得た気持ちです。どちらが悪い、また上下の問題でもないというのも効きました。

40歳からどれだけ時間と労力をかけられ、今の日々に至られたのでしょうか。私も15才の子が深刻に悩んでいたら、全然大丈夫!と言いたくなるはずです。そんな俯瞰に立って意思決定していきたいです。

ユーザー810
ユーザー810
さん
ユーザー810
ユーザー810さん

Cさんの気持ちは省いて起きたことのみを抽出して読んでみて思ったことです。

まずはかなりSNS依存症気味ですね。
連絡用など最低限にするか、アプリ自体を削除しましょう。
また根拠なく相手の意図を深読みして空回りしているようですね。
そしてその深読みの基準がご自身の劣等感で歪んでいます。
総じて他者との距離のとり方がとても不器用なようですね。
やはりまずはSNSから距離をおいてみることをおすすめします。

質問者のコメント

ご返答ありがとうございます。
SNS依存は、その通りです…。ラインの萌芽期にグループでのいざこざは、強烈な体験でした。
実はSNS系はラインの個人対個人以外は一切絶っており、今回久々にAに会った後にツイッターを覗いた結果こうなってしまいました。SNS依存の書籍を読もうと思います。