確かに、グッとストレスがかかったあとの開放感と言うのは何,,,

ダメじゃないさん
回答数
1
ダメじゃない
さん

確かに、グッとストレスがかかったあとの開放感と言うのは何事にも変え難いと思う。

数時間、色々と制限されて、自分の時間を拘束されて、人と適度にコミュニケーションを取り、自分が特に好きなわけでもないお仕事をする。
数時間後、疲労と共にワーッと言う開放感がある。
がんばった自分を肯定し、褒めたり甘やかすことができる。
ご褒美も与える。
休日は、「平日あんなにがんばったんだし」と思い、自分の好きなように休める。
好きな時に寝て、好きな時に起きて、好きなところに出掛けたり、ずっとお布団にいたり、休日の過ごし方は人それぞれだけども。

それを1ヶ月続ける。
対価として、またお給料が出る。
自分のために使うためのお金。

もちろんほとんどの仕事は日常的なものなので、ストレスも疲れも毎日のように感じる。
しかし、逆にある程度それらがないと開放感も得られない。
バネのように、適度に抑圧されたからこそ反動で大きな自由や開放感を得られるような気がする。

ストレスも疲れもない人生って楽かもしれないけど、やり甲斐も生きてる心地も感じにくい気がする。
だから、自宅療養で回復してきた人たちは、無価値感や虚無感や焦りを覚えたりするんじゃないだろうか。

もしそうなって自分を責めるぐらいなら。
家族のため無償で家事を手伝うことに限界がきたなら。
そう言う時は、次のステップに進む時だと私は考える。
自信があろうがなかろうが、そんなのあとから付いてくる。
働く前から「自信あります!自分できます!!」と言う人ほど、個人的に信用ならない気がする。
過信は身を滅ぼすと思うので、私なら採用しない。運転と同じ。

最初は誰でもビギナーでヒヨッコなんだから、オドオドして「本当にこれでいいのかな…」を繰り返してるうちに失敗と成功を積み重ねて、もしくは失敗から学んで失敗せず成功することを覚えて、人と接することにも慣れて、自信ってそう言う風に自然と身についてくるもんなんじゃないだろうか。

だから、自信なんて持ってなくていいから、とりあえず色々少しずつ取り組んだり、やってみるほうがいいんじゃないかと思う。
ストレスを感じても、疲れても、病状が多少悪化しても、
「最初のうちはきついと思いますが、続けるうちにだんだん慣れます」
と先生は私に言ったし、実際そうだと思う。
よくあることらしい。
そりゃ今までかかってなかったストレスがかかるんだから、そ病状にも響くだろう。
悪化したら、うまくどこかで調節したり、発散したりして、自分なりに折り合いをつけていく。
病気含め、自分との付き合い方も徐々に覚えてくる。

今日は、数ヶ月ぶりにやっとベッドのパッド的なものを漸く交換できたダメじゃないでした。
つぶやきたいこと、もっとたくさんあるな…

ストレス 開放感 就労

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

確かに、と言うのはブログやコラムみたいなのを読んでいたからでした。

一番「自信がない」に代表されるのは、第一子を授かった時の親としての立場だと思う。(結婚も同レベルだとは思うけど…)
親は、誰もが等しく経験を積めない。
誰もが等しく、育児未経験者から入る。
お金を払ってもらって、一時的に血の繋がらない子供の面倒を見るベビーシッターや保育園幼稚園とは訳が違う。

だからこそ、本当は育児の見本や手本、適切なアドバイスをくれる存在、モデルとして、親がほしいのだ。
核家族化が進む前は、隣近所の人でもよかった。
今はそうもいかないから、昔より難しいように思う。
でも、昔を振り返ってよかったなって思っても、ないものを求めても無駄なので、現代に適応してなんとかやっていくしかない。


NPO法人のイベントに、児童養護施設的なところに一時的に子供を預け、現在は病気により入院・治療中の参加者がいた。
自分に自信がなく、とても自分を責め、やらなきゃやらなきゃと自分を追い詰め、入院しても休めていないようだった。
私は彼女のような親を持つ子供を、少し羨ましく思う。
児童養護施設的なところは、虐待されたり放置されたり振り回してしまうよりは、子供の安全が守られるし、親のケアもしないで済む適切で安全な専門的な場所だと思う。
少し寂しかったり、どうしても親からの愛情が不足してしまう部分もあるだろうけど…。

「あなたはがんばってる」といくら他者から言われても自分を認められない。
そんな彼女に、「漫画のキャラみたいに人物を描いて、自分の置かれている状況やステータスを書いてみたらいいよ」とアドバイスした。
「今子供を持つ母親で。治療のため、入院中で。だけど周りからは「よくがんばってる」と言われる。いつも何かをやらなきゃと思っている。自分をそう言う風なキャラとして感情と切り離して…客観視してみると、そのキャラはきっと魅力的にうつると思う。」と。
漫画や物語のキャラは完璧な人ばかりではないからこそ、惹かれるものがあると思う。
目から鱗だったらしく、その視点はなかったととても感謝された。
そう言うのはたぶん、入院中に気まぐれにお絵かきしながら適当に息抜きしながらやってみるのがいいと思う。
「美少女とかって設定も盛っちゃおうかなw」
と少々ずれたコメントをいただいたけど、まぁいいや。気にしないことにする。

少しでも皆さん各々良いと思う方向へ進めたらいいなと心底思う。

HOTワード

現在ホットワードはありません