もうどうしたら良いのか分からなくてとにかく誰かに聞いて欲,,,

しののめさん
回答数
3
しののめ
さん

もうどうしたら良いのか分からなくてとにかく誰かに聞いて欲しくて、滅茶苦茶な文章になると思いますが私の最後のわがままだと思って思っている事全部吐き出させて下さい。

私には四つ上の姉がいます。お互い自他共に認めるほどシスコンでとても仲が良いと言われます。
今は世界で一番好きな人と言い切れるほど姉の事が好きですが、学生の頃は好き好きと言いながら内心嫌っていました。
今となっては何故嫌っていたのか、全く分からず首を傾げていましたがよくよく考えれば、母に色々比べられたから嫉妬して嫌っていたんだろうなと思います。私は引っ込み思案で友好的ではなく1人でいることが多かったのですが、姉は顔が広く県外にも友人がいてよく遊びに行っていてその度に「姉はあんなに友達が出来てるのに、貴方にはどうして友達が出来ないの?家にいて楽しいの?私も貴方ぐらいの頃はもっと遊びに行ってたよ。」と言われるのが苦痛で堪りませんでした。

ああ、私は駄目な娘なんだなって。

でも、そんな姉もある事がきっかけで不登校になり高校に入学する事なく中卒でフリーターとして働く道を選びました。
多分、姉の事が嫌いじゃなくなったのは姉が不登校になってから数ヶ月経ったこの頃だと思います。

その頃から母が口癖のように「貴方は姉のようにならないでしっかり学校通ってね。」と私に言うようになり母の事も大好きな私はその期待に応えたくて勉強を頑張って「私はちゃんと学校通って夢の薬剤師になってお母さんたちの事養うね!」と頑張っていたのですが私も姉と同じように不登校になり高校に入学せず、姉と同じ道を歩むことにしました。

母は自分の人生だから好きにしなさいと言ってくれましたが、事あるごとに「貴方は何度私を裏切れば気が済むの」と言われ「貴方はおかしい」「なんでそんなに弱いの?」「父があの時無理矢理にでも高校に行かせてたら何か変わってたかなって言ってるよ」と他にも私自身を否定するような言葉を言われ母の言葉一つ一つがストレスです。

でも、責められるのは仕方ないですよね。あんなに期待させといて私は裏切ったんです。
そして、私はまた懲りずに裏切るような事をしようとしています。何かあれば言いなさいと言う母の言葉に甘えたくて相談したいのですが、また何か言われるのかと思うと怖くて相談出来ません。

そして、今私には逃げるという選択肢しかなくこのまま家族に迷惑をかけるのなら死んだほうがマシだと考えるようになりました。ですが本音を言うと母に全て吐き出して大丈夫と抱きしめて欲しいのですが、そんなことはしてくれないと分かっているのでこれを書いている今もマンションのベランダに座っています。

長くなりましたが、私は今母の声を聞きたくて堪りません。吐き出したくて堪りません。ですが、それは私に期待している母にとっては裏切り行為で何を言われるのか恐ろしくて電話出来ません。

もし、これを見ている方が私の母だった場合、突然娘から泣きながら電話があったらどう思いますか。
「また私を裏切るの」と怒りますか。それとも、「頑張ったね」と褒めてくれますか

つぶやき 独り言 自己嫌悪

回答一覧

Rむぎむぎ
Rむぎむぎ
さん
Rむぎむぎ
Rむぎむぎさん

しののめさんこんにちは。回答失礼します。
本当はわがままを沢山言いたいのに、我慢しているのですね。とても辛いですね。

しののめさんは 本当はわがままをもっと言って良いんですよ。
むしろ、今までずっと言えてなかったのですから、言い過ぎで丁度良いくらいです。

ただ、えめねうさんも仰っている様に、しののめさんのお母様にはそれを受け止められるだけの余裕は無いのだと思います。しののめさんも苦しくて、お母様も苦しい。神様はとても意地悪で、辛いことです。しかしそれは、しののめさんが1人で抱え込む責任では無いですよ。


お姉さんの事が今は心から好きだと仰っていますが、今現在連絡など交流はあるのでしょうか?お姉さんの方は、お母様に対してどのようなお考えをお持ちなのでしょうか。

私達よりも、実際の人物像を知っているお姉さんとだからこそ共感できる事もあるかと思います。勿論、それとは逆に、私達だからこそより理解できる事もあると思います。

本当は、お母様が理解してくれたら良かったのですが、やはりそれは簡単な事ではありませんので、理解してくれる人に少しずつ、悩みを打ち明けたりしていくと良いかと思います。

また今回こちらに投稿してくださいましたが、普段本音を吐露する場所は(他人の視線の有無に問わず)何処か持っていらっしゃるでしょうか?
Twitterでも、ブログでも、日記でも、チラシの裏でも何でも良いのですが、気持ちは言語化する事で整理されていくという側面がありますので、もしお持ちでなくて、やっていると誰かに攻撃されるなどといった事が無いのであれば、そういった所でモヤモヤを自分の身体から出す、という事をされると良いかなと思います。


それから、「責められるのは仕方ない」と仰っていますが、「それは違います」よ。しののめさんは何も悪くないのです。「期待」というのは、「相手が勝手に持つ」ものなのです。
つまり、これはある意味お母様を責める事になってしまうのですが、「期待されなかったらここまで苦しまなかった」という側面があるという事です。

これは、とても辛い事なのですが、しののめさんがより明るい道へ進めるようになる為に、自覚しなければならないものです。(そしてそれは、決してお母様がしののめさんを愛していないからではありません)

お母様が責める理由ですが、これも非常に理解できるのです。それはしののめさんのせいではなく、「社会のせい」です。
「子の失態の責任は育ての親にある」とか、「高校や大学に行かないのは世間体が悪い」とか、「フリーターは負け組」とか、そんな事は真っ赤な嘘であり、恥ずべき風潮なのですが、そんな嘘が世の中では真っ当な意見の様に幅を利かせているのです。

そんな世の中なので、きっとお母様自身も他人に心無い事を色々言われているのだと思います。それはしののめさんのせいではありません。社会のせいです。
社会のせいなのですが、お母様はそれによりストレスを抱え、しののめさんに八つ当たりをしてしまっているのです。そして結果としてそれがしののめさんのストレスになっているので、悪循環が続いてしまうのです。

お母様にはお母様で、ストレスの捌け口が必要なのだと思います。そしてそれは、もしかしたらお母様には今も無いのかもしれません。
しののめさんにも、お母様にも、今はストレスの捌け口が必要です。またそれは、お互いが請け負っていては意味が無いのです。

互いがストレスを開放し、より生きやすくなった時、お互いに本音で語り合える関係がやってくるかもしれません。それはとても長い年月になると思いますが、その可能性は0では無いと私は考えます。もし語り合えなかったとしても、生きやすくなればまた違った歩み寄り方が出来るかと思います。


これは間違っていたら申し訳ないのですが、しののめさんは今、フリーターとして働かれているのですよね?
働いていると言う事は、それだけで社会に貢献しているという事です。例え勤務時間が短くても、内容が誰にでもできる簡単な物でも、働いていればそれは貢献しているという事なのです。それはとても偉い事なのです。

また、もし今現在働いていない、もしくは、これから状態などが悪化して働けなくなる事もあるかと思います。しかしそれでも、今まで他の人より辛い思いをして生きてこられたのですから、ゆっくりお休みして良いので、どうか自分を必要以上に責めないでいただけたらと思います。あなたには、その権利があります。(恐らくお母様にとっては許しがたいことですが、責められるのはそれもまた社会のせいです)

人と比べられるのは辛い事なのです。しののめさんも、自分自身を誰かと比較してダメだと思ったりしていないでしょうか。

期待に応えようと必死でもがいてきたしののめさんは、私から見たらとても「良い娘」に見えます。ストレスが祟って実らなかっただけで、しののめさんはとても偉くて素敵だと思います。
それを本当に欲しい相手から認めてもらえないのはとても苦しいですが、せめてしののめさんだけは、ご自身の事を、もう少し認めてあげてくださればと思います。

長い道のりになるかと思いますが、良い方向へ向かえます様に。

えめねう@tsurai
えめねう@tsurai
さん
えめねう@tsurai
えめねう@tsuraiさん

どうしたらいいのか分からないときは、何か暖かい飲み物を飲んでぼーっとしていてください。
きっとたくさんつらい経験をされたのですね、だれもあなたの生き方を責めることは出来ません。
そしてお母さまを心のどこかで信じたいのですね、本当に残念ですが、たとえ親子であっても分かりあえないときもあります、電話をすることであなたがさらに傷ついてしまうかもしれません。
それが私には恐ろしいです。
わたしがあなたの助けになれないことが歯がゆいです。ネットの向こうから私に言える唯一のことは「私は生きていて、あなたも生きてほしい」ということだけです。
わたしもあなたもこれからまたつらい経験を何度もしていくのでしょう、でも私は生きていきたいです。

またご相談お待ちしております。

質問者のコメント

読んでいて涙が出てきました。久し振りに声を上げて泣けました。ありがとうございます。
ありきたりな言葉でしか感謝を伝えれないのが悔しいです。
本当にありがとう

さとうだいこん
さとうだいこん
さん
さとうだいこん
さとうだいこんさん

よそのお母さんですけど、あなたはよくがんばってきたね、と思います
今日ここに書くのも勇気がいることではなかったですか?
私の母も、私の必要な言葉をかけてくれませんけど、いつかは言ってほしいですよね。