小さい時私の家には父親がいたりいなかったりして、小さい私,,,

まめ子さん
回答数
1
まめ子
さん

小さい時私の家には父親がいたりいなかったりして、小さい私は仕事が忙しいから帰ってこれないのかな もっと父親が家にいたらいいのにと思っていました。
父親と母親は結婚しておらず母子家庭でした。
年々父親に会う回数は減って年に1、2回会うくらいになりました。

私が中学生の時、父から結婚して子どもが2人(妹、弟)いるという話をさら〜っとされ、母親もほんとにしょうがないね〜わははくらいの会話で終わってしまい私だけがついていけませんでした。
家族と出かけた話や愚痴を言う友人 卒業式などの学校行事に来てカメラを回しているクラスメイトの父親。
そして家族で出かける事があるだろう妹や弟が羨ましくて仕方ないです。

家に父親がいてほしかったしもっと父親に甘えたかった、母親もいてくれたけど仕事でいないことが多くて寂しかったです。
そのせいかは分かりませんがネットで年上の男の人と会ったり、付き合ったりして甘やかされたり父親の代わりみたいな事を求めてしまったりします。

悩みというか本当に愚痴とかつぶやきになってしまって、まとまりもなく見づらくてすみません。

つぶやき

回答一覧

Rむぎむぎ
Rむぎむぎ
さん
Rむぎむぎ
Rむぎむぎさん

まめ子さんこんにちは。回答失礼します。
性別が名言されていませんが、話の内容と、お名前から、女性(少なくとも心が)という解釈でお伝えさせていただきます。

複雑な家庭環境に心が付いて行かず、ずっとしこりが残っているのですね。それはとても辛いことですよね。

異母兄弟というのはかなりデリケートな話なのに、そんな風に軽く扱われたら困りますよね。それはまめ子さんのご両親の方に非があると思います。

私は小3の時に親が離婚し戸籍上は父子家庭になりましたが、実質的には祖父母孫家庭というような状況で育ちました。
親の愛情を感じることのできない寂しさは誰しも抱えるものですが、どうしようもないと思うと隠してしまうんですよね。

私には離婚前に一緒に父方に残された弟が居て、それが心の支えでもあったのですが、文面から察するにまめ子さんにはそのような方もいらっしゃらなかったようですので、更に辛かった事と思います。
そして、今もその辛さが癒えていないのだと思います。

今現在も、お母様と暮らしお父様とも年に数回会う生活を送っているという事で良いのでしょうか。

私はまめ子さんのご両親の事を知らないので、あまり軽率な事は言えないのですが、もしご両親、或いはどちらか片方でもまめ子さんに理解を示してくださる方であるのならば、その寂しさを口頭、あるいは手紙などで伝えて見ても良いと思います。まめ子さんには、その権利があります。

ただ、世の中には子の気持ちを中々理解できない親御さんというのも居るので、伝えた事でまめ子さんを慰めてくれるか、逆に心無い言葉を投げかけられるかは分かりません。(もし心無い事を言われても、それはまめ子さんを愛していないからではありません)

それから、プロフィールに甘えたがり、承認欲求とありますが、まめ子さんは家庭で存分に甘えさせてもらえて来なかったのですから、それがまだ残っているのは当然な事です。

今は、まめ子さんにとってそれが個性(あるいは欠点)の様に感じられているかもしれませんが、それは本来幼少期に周囲から認めらら事で何もせずとも依存にならない程度に収まるものなのです。
これは自覚するのは辛い事かもしれませんが、恐らくそれは本当のまめ子さんの姿では無いのだと思います。

また、これはまめ子さんの今現在の年齢が分からないのでどこまで言っていいのか分からないのですが、ネットで男性に会ったり、付き合ったりしていると、恐らくまめ子さんが求める健全な親子関係では通常起こらないはずの行為も求められるかと思います。それに関しては、まめ子さんは嫌悪感などは抱いていないでしょうか。

もし、嫌々、或いは本当は嫌だけれど仕方がないと、諦めて「したくない事をしている」のであれば、それはいつかは逃れなければいけないことであると思います。(勿論、すぐには難しいと思います)

人には、したくない事はしたくないと言って良い権利があります。
勿論まめ子さんが今嫌な事をさせられていなければ良いのですが、今後その様な事があった時には、それをどうか思い出して自分を大切にしてあげてください。

まめ子さんは、寂しい辛さをずっと我慢してきたのですよ。それは本当は幼少期には我慢しなくても良い事柄だったはずなのです。
ですから今それを引きずっている事を恥じる必要はありません。それは自然な事です。

我慢しなくてもいい関係が、いつか少しでも出来ると良いのですが。お祈りしています。

質問者のコメント

回答を頂いてからすぐ読んでいたのですが涙がぼろぼろ止まりませんでした。それから何回も読んでいます。
聞いて貰えて、私が悪い訳では無いと言われて気持ちが軽くなりました。
うまく言葉がまとまらないのですが沢山沢山ありがとうございました。