アダルトチルドレン と向き合うことになりました。 社会人,,,

わたしださん
回答数
0
わたしだ
さん

アダルトチルドレン と向き合うことになりました。

社会人数年目。大学生になり能動的に動いていかなければ人生が進まないあたりで少しずつ不具合が生じ、現在うつ症状で精神科に通い始めて1年くらい。仕事などについて主に診察してもらっていましたが、診察を続けていくうちに「人と深く付き合えない/仮面のある人間関係」「自分発信のコミュニケーションができないことで生じる社会生活の障害」「いい評価をされるけど“ダメダメな本当の自分”を誰も理解してない」「自分で自分を認められない」などと言ったところでいつもつまづいていることが分かりました。

主治医からは、子供の頃の成育環境が原因ではないかと言われました。主治医は私の親の昔の主治医でもあります。私の両親は中学の時に離婚していますが、そのころの家庭環境を親から聞いていたこともありよく理解しているのだと思います。

私は両親とも嫌いではないし両人とも今も仲は良いし感謝もしています。ただ、母はある意味私を子供扱いせず、離婚の家族会議に積極的に参加させたり父に対する性的嫌悪感について小学生の私に語るなど「子」という制限なく接してくるところがあり、父はエリート会社員で日頃の接点が少ない上に思考の言語化が苦手で怒ると物を投げるなどする腹の見えない人だったので、ずっと「私がしっかりしなければ、私がなんとかしなければみんな不幸になる」と思ってきたのは確かだと思います。わたしの思惑とは異なる形ですが、離婚後、両親は再婚したり遠い地で第二の人生を始めたりと自由奔放に幸せに暮らしています。

今日、主治医に「あなたはよくやっている。自分を褒めてあげていい。今までよく生き延びてきた。」と言われ、号泣してしまい、同時に何かスッキリし、少しづつ自分を認めてあげられればいいなと思い、ここにつぶやきました。

アダルトチルドレン うつ

回答一覧

回答がありません