つぶやきにも投稿した( https://menhera.jp/qa/9428 )の,,,

ユズリハさん
回答数
17
ユズリハ
さん

つぶやきにも投稿した( https://menhera.jp/qa/9428 )のですが、亡父の遺産の私の取り分を母に全額横領散財され、その後様々な相談先を頼っているのですが制度の網の目に空いた穴に落ち込んだ様な状態で何も私の味方になるものがなく、解決の目処が立ちません。

同居中の母の人間性は信じがたいほど酷薄で、悪事が露見した後ですら上辺だけの反省を口にするだけで、何の良心の呵責も感じている様子がありません。瑣事でケチをつけられて鬱陶しく不愉快、程度には思っているかもしれませんが。この様な人間が何の報いも受けずに逃げ切ることが私には許せません。

何とかして貰えませんか。

毒親

回答一覧

遊木
遊木
さん
遊木
遊木さん

※度々の回答になり、申し訳ありません。うっとうしければ、スルーしてください。


なんとか、とは、具体的にどのようにしたいのでしょう。
たとえば、手続きを踏んでお金がほんの少しでも返還されたとして、その毒親はなにか、反省して行いを改めるでしょうか?
それまでの経過をお聞きするに、その毒親はなかなか面の皮がお厚いようですので、謝罪とか反省とかできるのかなあ?と思いました。


けれど、なにもしないで泣き寝入りって、溜飲が下がりませんよね。被害届けを出したり、各機関に働きかけたり、そのようにしたことに意味がなかったわけではないので、それはそれで実績になり、次何かあったら対応できるメソッドが増えたという事で…。

一応、溜飲が下がるかどうかわかりませんが、
わたしであれば、多分さんざん相手を罵倒すると思います。ボイレコ用意して、事実をのべた上で。その面の皮の厚さであれば、傷害罪などは避けたいですからねー。

お大事になさってください…。

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

実子にそこまで憎まれている時点で将来自力で生活ができなくなった時に報いを受けるのは確実です。

ユズリハ
ユズリハ
さん
ユズリハ
ユズリハさん

亡父の遺産の大半を母名義にしているので、母の余生だけ考えるなら、母は困りません。因みに亡父と母は大変仲が悪く、母は晩年亡父に虐待のような事をしていました。母の中では亡父は私を見捨てた非情な父であり、母はその父に抗い私を守り通した気丈な慈母ということになっております。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

横領された…とありますが、相談者さんは未成年さんでしょうか?
それだったらもう本当にお気の毒としか言いようがありませんね…

もし成人されておられるということでしたら。
ご自分の遺産の取り分の遺産分割とご自分への名義変更はなさっていなかった、ということでしょうか?勝手に使い込まれたということは。
そういう場合は難しいでしょうねぇ…

その状況を考えて私なら今一番心配に思いそうなことは。
失ったものより、これからの損失のほうかなぁ?と思いました。

年金生活者が他者の相続分まで遺産を使い込む…生計を共にしていたらヤバい相手じゃないでしょうか?

復讐よりも逃げる、別居することを急がないと、今後の生活費すらたかられるんじゃないでしょうか?

まぁ、別居するにはエネルギーが要りますから、するしないは兎も角ですが。
お金の管理は鍵付き金庫とかそれなりに警戒して生活した方が良さそうですね。

ユズリハ
ユズリハ
さん
ユズリハ
ユズリハさん

お礼欄だと文字数制限にひっかかるのでこちらで失礼します。

酷薄、と書きましたが、母は肝の座った悪党や荒み果てたやさぐれ者というより、基本的には取るに足らない、下らない小人物である、というのが長く共に暮らす私の理解です。

その母に、私に対する現状の横柄な振る舞いを許している条件は2つあると思っています。一つは、余りに母に多くを割り当てた遺産分割が齎した圧倒的な力関係上の優劣。ですから、私の言葉はどれだけ正論であっても母は取り合いません。もう一つは、老齢の専業主婦を見舞う社会的孤立です。

正に「小人閑居して不善を為す」で、母は隠れて悪事に手を染めて良心の呵責や罪悪感を覚えるほどの高い品位の持ち主ではありませんが、人々からの白眼視には己を顧み恥じ入りはできる程度の臆病な習性の持ち主ではあります。

実は母は、この件が家族内で判明する以前に、この件に間接的に関係ある問題でメディア取材を受けた事があり、わたしはその時のネットの反応を見回ってみたのですが、母の言動の異様さへの悪印象が殆どでした。

晴れ姿でもお披露目する様に意気揚々と取材に応じていた母にそれを伝えた所、心外な様子で、番組の尺の関係で取材内容が切り取られていたことや、視聴層の偏りのせいだろうと都合よく解釈していました。

しかし私が見たところ、母の全容が十分に知れ渡ったところで評価は変わらないかより悪くなるでしょうし、それはかなりの程度公平な見方からしてそうなのだと思います。横領の件が露見した今なら尚更でしょう。

改めて母の所業の是非を世に問い、良識の声を母に届けて、母の心理的な逃げ場を奪い、母が社会的孤立により喪失した自己理解の尺度の代補としできないか、と思案しています。

回りくどく大仰で、方法も難しく、効果の見込みも覚束ない、と呆れられるかもしれませんし、実は私自身もそう思います。ですが、私としてはそもそも通常の制度利用で原状回復かそれに近い事態に至ればそれで満足なものを、どこもほとんど役に立たない(そういう面で、私の陥っている事態は「社会問題」的な切り取り方もできると思います。熊谷晋一郎医師の「自立とは依存先を増やすこと」だとか「問題は助けてが言えないことだ」とかいう福祉業界で掲げられやすいスローガンは、どこに助けを求めてもどこも頼りにならなかった今の私には非常に虚しく響きます。)ので、追い詰められてこのような考えに至っています。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

いろいろと複雑な状況のようですね…

ちょっと引っ掛かったことですが。
私は、実父と夫の父を亡くしており、どちらの母もやもめの身となっておりますが、後の母たちの介護費用確保のために、各実子たちは一切の遺産放棄をして働いていようが達に資金をプールさせるようにしています。
そういった費用の確保等はちゃんとご家族で話をしてありますか?
ぶっちゃけ我が家はかつかつなので、各親には資金援助はできないことを伝えてあります。

ところでこのサイトの性質上、形式的にお伺いしてみますが。
相談者さんはメンタル上の何らかの治療を受けてらっしゃいますか?
私は服薬治療中です。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

すみません。誤変換がありました。
『一切の遺産相続放棄をして資金をプール』
でした。

ユズリハ
ユズリハ
さん
ユズリハ
ユズリハさん

お礼欄ではまた収まらなかったので、再びこちらに投稿します。

私は未成年ではなく、今の収入は母の手の届かぬ所に確保しています。ただ、今日障害者が見舞われがちな境遇の例にもれず、私の収入は今も今後も自立に十分な量でなく、父の遺した自宅の存在に助けられている面があります。母によれば母の横領散財は「息子のお前が自宅に住み続ける為の投資」だったそうですが、他にもあった遺産の散財も祟り、現状現金に乏しく老齢の母を見舞う有事の際どうするか訊ねると母は「家を売る」と答えます。滅茶苦茶です。

元々父が遺した遺産は、そうせずに済むだけの十分な量が元々あったのです。私は横領の事実に気づく前から、無考えに散財をしないでくれと母を諌め続けて来ましたが、「わたしはわたし、あんたはあんた」と、非常に横柄にあしらわれてきました。そう言いながら、私の金に手を着けて来たのですから、怒りが収まりません。

もし私の今後の利益と母の不正義の制裁がトレードオフになるなら、その状況自体の不当さも私を憤らせます。それで片方選んでも、もう片方も対処されぬ限り、私を苛み続けるでしょう。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

そうですか…通院中でしたか…
お薬は切らすことなく継続して服用できてますか?
ちょっと調子があまりよろしくないように文面から感じたのですが…気のせいだったらすみません…

っていうか…
すでに現金が既に乏しいということは…固定資産税とか大丈夫ですか?

ユズリハ
ユズリハ
さん
ユズリハ
ユズリハさん

母を許せない。どれだけあの老婆が悍ましい振る舞いを平気でしてきたか。誰か、私を助けて下さい。