21歳女です。周囲に場面緘黙症の後遺症の合理的配慮を求める,,,

さん
回答数
3

さん

21歳女です。周囲に場面緘黙症の後遺症の合理的配慮を求めることは可能でしょうか。
自己診断ですが幼少期に場面緘黙症の症状があり、コミュニケーションが苦手です。自分の意見を言うことに物凄いプレッシャーやストレスを感じます。
四月頃から、知人大学生2名と一緒にアイドルグループを立ち上げ、運営しています。しかしなかなか上手くいかず、メンバーを辞めたがるので、グループを一旦解散しようかという話が出ています。明日の話し合いで、今後新たなプロジェクトを立ち上げゼロから頑張るかどうかを決めます。
私は普段から話し合いの場面で上手く話せなかったりしておそらく周りには役立たずだと思われています。「話して」と責められることが非常に辛いので辞めたいという気持ちもありますが、アイドルが好きなので諦めることに抵抗があります。以前メンクリで「休むか辞めるかしなさい」と言われたのですがやはりコミュ障なので休みたいことをどのように伝えればいいか分からず何ヶ月も経ってしまいました。
出来れば「話すことを強制されると辛い」「話すことに関して期待をしないでほしい」「この活動で治していきたいと思っている」と明日伝えたいのですがコンプレックスを晒すことになる為勇気が出ません。。助言をいただけないでしょうか。

場面緘黙症 合理的配慮

回答一覧

ありな
ありな
さん
ありな
ありなさん

お悩みの内容、とてもわかりやすく整理されていて、伝わりやすかったですよ。こんなに自分自身をしっかり見つめて、考えを整理できることができるのですから、自信を持ってください。

話すのが苦手だからと仲間に伝え、先ほどの文章をLINEやメールで送ってみてはどうでしょうか。あなたと何か月間も活動をともにしている仲間なら、あなたのコンプレックスに対してネガティブな感情は持たないと思いますよ。

伝え方について考えすぎて悩むくらいなら、相手に伝えてからを悩んでみませんか。応援しています。

質問者のコメント

遅くなりましたが回答ありがとうございました。色々考え直した結果辞めることにしたのですが、こうやって優しい回答してくださる方がいてとても救われました。本当にありがとうございます。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

まだ場面かんもく関連で通院なさっっているのでしょうか?
もしそうなら、メンクリのほうでアドバイス貰うのがいいとは思います。

何らかのグループを立ち上げるなら、皆さんそれなりに思惑とか目指すものがおありだと思いますが。
『ここでトラウマを治したい』とかいう至極個人的な理由は、よほど心おける間柄でない限りあかさない方がいいんじゃないかと思います。
そういう目的は、それなりの場所というか自助グループなどに求めた方がいいように思います。

その問題と切り離した理由で、持続をはからないと、公私混同(いやそういうのは私的な場ですけれども…)になっちゃうというか、困ってしまうと思うんですよ…

自助グループや支援機関以外の普通の人ににそういう手助けをして欲しいなら、うんと親しい悩みを打ち明けられるような間柄を築いてからじゃないと難しいのではないでしょうか…もうそういう感じだったらお引き留めしません。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
この半年間で精神が辛くなったときに病院に行ったことが何回かあるのですが、特にこれといった病名の診断などはつかず「正常の範囲内」というようなことを言われ、ただ「辛いなら休んだ方がいいのでは?」と言われるだけでした
そうですね、、個人の目的とは切り離して、グループとして叶えたいことを叶えたいから続けたい、と言った方が良さそうですね。ありがとうございます!

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

こんばんは。
「場面かんもく症」と言う疾患名や「合理的配慮」と言うような堅苦しい言葉は使わずに、「私、人前で話すのが病的に苦手なんだ…」と言うような形のほうが、認知度的にもニュアンス的にも伝わりやすいような気がします。
疾患名を出すと、場面かんもく症についての解説とかまでしなきゃいけなくなる可能性があると思うので…。
その上で、「だけど、自分のペースで少しずつ克服していきたいと思ってるから、どうか長い目で見守っていてほしい。うまく話せなくても強制したりせず、許してほしい」と言うようなことを伝えてみるのはいかがでしょうか?
もちろん、他の方の回答であるように、うまく伝えられなさそうならLINE等の文章でも構わないと思います。

質問者のコメント

遅くなりましたが回答ありがとうございました。
結局自然消滅みたいな形で終わりそうなので伝える必要がなくなってしまったのですが、今後誰かに伝えるときに参考にさせていただきます!
ありがとうございました。