何かを消費することにすごく罪悪感があります。買い物、だら,,,

ぼっち地味メンヘラさん
回答数
1
ぼっち地味メンヘラ
さん

何かを消費することにすごく罪悪感があります。買い物、だらだらする時間、トイレ、お風呂のお湯、電気代、好きだけど無駄なもの、好きなことをする時間、勉強するときのノート、消しゴム、えんぴつ、医療費、などなど基本やるべきことをしているとき以外すごく悪い感じがします。なにかやる→今日やるべきことを100%やったのか?効率わるかったんじゃないのか?ペンの無駄遣いをしたのでは?結果がでるのか?→じゃあ●●をつかう/するのはいけないだろ。みたいな感じですごく悪い感じがします。そのやるべきことも、過去の悪い思い出と繋がっていて、やっていると思い出して辛くなります。でも、やらないのも辛い。どうすればやるべきこと以外のことを罪悪感なくこなせますか?ゆっくり何も考えず休みたいです。

回答一覧

Rむぎむぎ
Rむぎむぎ
さん
Rむぎむぎ
Rむぎむぎさん

ぼっち地味メンヘラさんこんにちは、お悩み投稿がダブってしまっているので既に回答はありますが、未回答の方に回答失礼します。

自分の意思と反して出てくる思考って止まらないし辛いですよね。

「やるべき事以外で罪悪感を持ってしまう」というのは、「自分はやるべき事"しか"やってはいけない」と思っているからという事だと思います。もっと言うと、「自分は価値が無い(もしくは、悪い子)なので無駄なことをしてはいけない」という想いが何処か根っこにあって、そのせいで自責してしまう、という事になると思います。

人間好き好んで自責する事はありませんし、そういった罪悪感のモトというのは、ぼっち地味メンヘラさん自身から"生まれ出てきたものではなく"、社会や周囲から、過去の体験を通して"植え付けられてしまったもの"だと思います。

恐らく、ここ最近という訳でなく、かなり長い間罪悪感の思考を持ってそれに悩んでいるのだと思いますし、それはすぐにパッと解決できたりはしないのですが、いつか自分を許せる様に、少しずつ考え方を変えていく(邪魔な声に対抗する)事が必要なのでは、と思います。

ぼっち地味メンヘラさんの、本当の本心としては、「ゆっくり何も考えず休みたい」「罪悪感なく過ごしたい」というのが願いなので、罪悪感を押し付けてくる自分の声(思考)というのは、ある種、ぼっち地味メンヘラさんでありつつも、ぼっち地味メンヘラさんでない、自分の中の敵みたいなものになると思います。自分の中に常に邪魔者がいるのですから、生きづらいのは当然ですよね。

それらに対しては、「価値の無い人間でも、無駄な事をしても良い」「この世に100%無駄な事はない」「完璧な人間なんていない(というか、それは人間ではない)」の3つが反証になると思います。

罪悪感というのは罪、悪の概念から来ているので、「しても良い」という許容が一番効くかなと思いますが、恐らく罪悪感の思考もそれに対抗してくるので、また細かい事案や、思考の流れを元に新たに相談したりして、色んな人から「そうではない(悪くない)よ」という反証を集めて、(或いは、また別の思考法や昔の悲しい出来事を消化して)、少しずつ闘っていく事になるかなと思いました。

プロフにもあるように、あなたは自分で自分の成長を実感できて嬉しいと思えている様なので、少しずつでも、時には後戻りしても、改善する道のりを進む事は可能ではないかと思います。少しでも良くなるようにお祈りします。