知り合いの家に旅行がてら泊まりに行かせてもらい、その家の,,,

ユーザー5746さん
回答数
0
ユーザー5746
さん

知り合いの家に旅行がてら泊まりに行かせてもらい、その家のご夫婦と1週間ほど一緒に過ごした。
毎日つつがなく幸せで、死についてや、過去の辛かったこと、苦しんでいる人間関係についてなど、考える隙間なく、穏やかな時間が流れていた。
これが普通の家庭だよなあ、と思った。
毎日一緒に食卓を囲み、とりとめのない話をした。昼過ぎには紅茶やコーヒーを淹れ、みんなで準備をして、少しお菓子を食べたりした。夕食が終わってからも食器をそのままに色々な話をした。朝食を食べるまでの間、洗濯を畳みながら、お風呂から上がった後、折々なんとはない会話があり、時間がゆっくりと流れていて、心地よかった。
家に帰るのは嫌ではなかったが、空港へ向かう帰りのバスで涙が出た。ただ別れるのが惜しかった。
帰宅して翌々日、母と一緒に友人とのランチへ出掛けた。
母は相手の話にはあまり関心を示す態度をとれておらず、友人が話している時は相槌もそこそこに、黙っていた。料理や店の庭の花々について話していた。教養のある自分を保つことに必死なのだと思った。この料理には何のスパイスが使われているのだろうというような話ばかりをしようとした。そういうことがしたいならひとりでレストラン巡りでもすればいいのに。とにかく鼻に付く女といった様相で、そういうものに秀でている自分に疑いがなく、心底うんざりした。目の前にいる人間が見えていないのだろうか。友人の方が社会的地位が遥かに上であることも私の居心地を悪くさせた。
口を開けば祖母や親戚たちの愚痴だ。
一緒にいると疲れる。楽しくない。
今回は私の就職を祝う席を相手方がわざわざ用意してくださり、お誘いいただいたのだが、母はそんなことを意識もせず振舞っていて、なんだかもう友人に対しても、私に対しても、うまく関心を向けることが出来ないんだなと思った。母が醜悪な生き物に思えた。
かわいそうなひと。かわいそうな人生だ。
酒乱の父と傲慢な母、横暴な兄、狂った親戚たち、祖父は急逝し、祖母は自殺。夫だけが救いだったが、その夫は突然の不審死で亡くなった。気が狂っていないだけいいと思うし、かわいそうだとも思うが、一緒にいることは出来ないなと思う。私まで引っ張られてしまう。かわいそうなひとだ。
父が生きている間に、祖父や祖母を施設にでも入れれば良かったのに。頭の狂った親戚たちとは縁を切ればよかったのに。せっかく父が救ってくれたのに。自分で自分を救うチャンスを何度も何度もくれたのに。
昨晩も祖母が階段からこけて、夜中に母のヒステリックな声が響いていた。
疲れる。こんな状況から抜け出す機会はいくらでもあったのに。頭がおかしいんじゃないだろうか。自罰的になるにも限度がある。彼女が自分で運命の奴隷になることを選ぶなら、もうそれは仕方のないことだ。
もう疲れたし、諦めることにした、母と私は違う人間で、私は母の思考とは離れたところで私の都合で自分の選択を行う。
結局私自身も、責任を負うことを普通に行うことが出来ていなかったのだと思う。
最近思うが、あらゆることが、腹をくくったり覚悟をして行うことではなく、ただ淡々と当然のように行われていくものなのだ。大げさなことは何もなく、どんな状況であれ、何が起きるにせよ、日常が流れていくだけだ。
私は私の人生を歩きたいし、それによって私の近しい人が喜んでくれればいいと思っている。だからそれをするために、毎日ただ普通に生活をしていこうと思う。

つぶやき

回答一覧

回答がありません